2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 面白くないNHK大河ドラマ「平清盛」 | トップページ | 名古屋城西、北お堀と名城公園のサクラを楽しむ »

2012年4月 9日 (月)

最後の悪あがき民主党政権の後に来るものは?笑顔のファシズムか?

 民主党野田内閣は、消費税増税と大飯原発の稼働の二つに躍起になっている。察するに経団連などの裏の勢力がその実現を野田首相に託して工作をしているに違いない。そうでなければこれほどなりふり構わずやるはずがない。大飯原発の稼働にしても、たった2日間の”慎重な検討”で形を繕って大方の反対を押し切ってやろうとしているのだ。

 サンデーモーニングの岸井氏は、政治の劣化が極まったと言っていた。自民党・公明党は内心選挙を怖れながら、解散せよと息巻いている。

 昨年の3月11日の東日本大震災以後日本の政治は悪い方に舵を切ってしまった。国民の目には、無用な争いばかりが目につく。

  民主党はマニュフェストを掲げて400議席もの大勝をしながら、小沢元代表の一派にかき回されて党内がガタガタである。連立を組む国民新党も同じだ。

  それに対して野党の自民党や公明党は、国の借金を増やしてきた張本人なのに、その反省もなく、消費税増税に対しても煮え切らない態度である。

  私は、消費税増税の前にやらなければならないことが多々あると思う。その点では小沢氏の論理に正当性があると思う。

  8日のサンデーモーニングで寺島実郎氏が、「笑顔のファシズムがしのびよってきている」と言っていた。それについて涌井氏もドイツのワイマール憲法の後にヒトラーが出てきた状況を思い出すと応じた。

 民主党に呆れてがっかりし、自民党にも愛想が尽きている国民は、今分かりやすい論法で国民を引きつけようとしている新しい勢力に目が行っている。大阪維新の会や東京都知事石原氏などの目指すところは、橋下大阪市長が公言しているように、「白紙委任」による政治である。マニュフェストなど作るから縛られるし、やれなければ批判されるから、「任しておけ」の政治である。

  しかし、任しておいたらどうなるか?その一端が大阪府の教育条例や労働組合への思想調査で明らかになった。彼らが目指すのは、国民置き去りの政治である。大阪市では、敬老パスが半額負担、福祉切り捨てなど効率追求の政治が行われようとしている。

  そのために教員や市職員、府職員を押さえつけ、従わないものは解雇するとお脅し、首長の意のままの政治をやろうとしているのだ。寺島氏や涌井氏はそうしたファシズムの再来を警告しているのである。

山崎川のサクラ満開です

Cimg3337

Cimg3340

« 面白くないNHK大河ドラマ「平清盛」 | トップページ | 名古屋城西、北お堀と名城公園のサクラを楽しむ »

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

笑顔のファシズムを警戒する声が出ていますが、橋下、石原人気は衰えていません。情けないことです。ファシズムになって気がついても時すでに遅しです。

民主主義って面倒くさくて手続きが多い(くなる)。
って「効率化」「合理的」を権力者側で行うとファシズムになるんだよなぁ。
小泉は狡猾だった。(竹中のおかげで)
橋下はテレビ出身者だけあってプレゼンがうまい。からともかく

石原は強引なだけで、話のレベルが低いから誰も騙されないと思っていたんだけど。。現実で若い女性に人気があると聞くと。。みんな軒並み私よっかいい学校出ていると思うんだけどあんな妄言に「そうだそうだ!」と言えるという風景が信じがたい。

岸井氏も議員は選挙のことしか頭にないと話していました。戦後70年近くたってまだ本物の民主主義が育っていないのが残念です。その間隙をついてファシズムが牙を研いでいます。

消費税増税も原発再稼働も以前取り上げたように国家の意志なのでしょう。国家の意志の根源は財界、官僚の頂点である財務省、はたまたアメリカからの要請?いずれにせよ時の政権はこの圧力には抗しきれないのである。昨日の討論番組で政治評論家の三宅氏が民主党への信頼が地に落ちた今、自公としても強力に解散を迫りたいところであるが、もし今解散すれば、大阪維新の会を始めとする所謂、第3極と言われる政治グループがかなりの議席を奪いそうである。しばらく様子をみてほとぼりの冷めるのを待つという考え方になりつつあると言っていた。既成政党は選挙のことしか頭にないようである。民主主義は恐ろしく非能率な意思決定システムである。だが他のシステムはもっと悪いと誰かが言っていた。われわれは決して民主主義に愛想を尽かしてはいけないのである。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 面白くないNHK大河ドラマ「平清盛」 | トップページ | 名古屋城西、北お堀と名城公園のサクラを楽しむ »