2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 生まれて初めてドジョウを食べた | トップページ | ワンマンや独裁には碌なことがない »

2011年11月12日 (土)

幸福度ランキング2011―愛知は21位―

 10日の新聞に「幸福度ランキング」なるものが発表されたという記事があった。それでもう少し詳しく知ろうと思いネットを検索したら、いろいろなデータが出ていた。

 2011年11月9日に、法政大学大学院政策創造研究科の坂本光司教授らが、日本全国47都道府県の「幸せ度」を調査して分析した「幸福度ランキング」として発表したものだ。

 それによると、第1位は福井県で7.23、第2位は富山県の7.20、第3位が石川県の6.90で、我が愛知は21位である。私は、愛知県は住みやすいと感じているのだが何がいけなかったのだろう。

 幸福度ベストテンに島根、鳥取、新潟などが日本海側の県が入っているが、秋田県だけはランクが37位と低い。それで「特ダネ」の小倉智昭キャスターはご機嫌斜めだったという。

 上位3県の共通点は、

・日本海側に位置する

・東京から離れた人口100万人前後

・ものづくり、第2次産業が集積

・就業環境、子育て環境が整っている

 ちなみに最低はというと、大阪府で47位だ。保育所定員比率の低さ、平均寿命の低さ、失業率の高さ、刑法認知犯の多さだという。休養時間は高得点なのに平均寿命が短いのはげせないが、あの橋下知事の大阪府が最低とは。さもありなんというべきか。折りしも府知事・大阪市長のダブル選が始まった。大阪府民はしっかり見極めんとアカンで。

 福井県が1位になった理由は、

・未婚率が低く、出生率が高いので幸福な家庭像

・福利厚生面が充実して住みやすい

・犯罪、火災、事故が少なく安心して暮らせる

などである。

 評価方法は、生活・家族部門、労働・企業部門、安全・安心部門、医療・健康部門の4部門の順位で10段階評価だという。ただ、東日本大震災による変化や原発の有無は含まれていない。

 愛知は、海にも山にもアクセスしやすく、トヨタなどの産業もあり、農業も盛んである。物価も東京などより低いと思う。

 交通事故が多いとか、保育所の待機児童が多いとか、名古屋市のように医療や介護関係、文化施設を軽視することが響いているのかも知れない。

Photo

 

 

 

 

 

« 生まれて初めてドジョウを食べた | トップページ | ワンマンや独裁には碌なことがない »

面白い話題」カテゴリの記事

コメント

天候から言えば愛知は一番いいと思っています。寒いところにはとても住めません。
 ブータン王国は、幸福だと感じている人が90%だそうです。メンタル面も大きいのでしょう。

私の知人に富山県出身の人がいます。彼によるとかの地は冬は雪が多く、しかも曇り空が多いので洗濯物も
乾きにくい。もうあんな陽気の所へは戻りたくない
という話を聞きます。でも今回の調査では福井、富山石川が1位、2位、3位とのことで意外でした。もっとも幸福度を左右するのは気象条件だけでなく色々な要因が関係してきます。東北地方も今回の震災でよく分かりましたが、人々は素朴でお互い同士の繋がりも都会地よりも大きな絆で結ばれていると思われます。こうしたメンタルな側面が調査結果に反映しているのだと推察されます。そういえば、世界各国を対象としたこの種の幸福度ランキングでも日本は発展的には下位にある国々よりランキングは下であったような気がしますが?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸福度ランキング2011―愛知は21位―:

« 生まれて初めてドジョウを食べた | トップページ | ワンマンや独裁には碌なことがない »