« 有料老人ホーム慰問演奏をして思ったこと | トップページ | 曽野綾子著「老いの才覚」を読んだが―①― »

2011年8月17日 (水)

トラブルは重なるもの

 ついこの間、自転車がパンクをしました。同じ日にもう一台の自転車のブレーキのワイヤーが断線しました。パンクは修理に行ったら、タイヤごと変えたほうがよいというので3980円で取り替えました。ブレーキのワイヤーはそのままにしてあります。

 それから数日して、今度は給湯器がこわれ洗面所やシャワーの湯が出なくなりました。暑い夏なので困りましたが仕方がありません。見積もりをしてもらったら、パロマ事件以後厳しくて、我が家の場合、外部につける必要があるので19万円だということでした。

 築40年以上の風呂なので、娘からはうるさくリホームするように言われていました。それでその見積もりも頼みました。お盆とぶつかって見積もりは盆以後ということでした。

 盆で娘夫婦が帰って来る日に、今度は、パナソニックの脱水洗濯機とダイソンの掃除機が動かなくなりました。まるで泣きっ面に蜂でした。

 パナソニックに電話をして相談すると、まだ延長保証があるようだから、購入した店に相談するように言われました。それでエイデンに電話をしましたら、すぐに手配をしてくれました。

 ダイソンの掃除機は、保証期間が過ぎていましたが、電気関係なので親切にも無料で直してくれるということで、宅配便を手配してくれました。

 洗濯機も掃除機もどちらもお盆にも関わらずすぐに修理をしてくれました。とにかく、どちらも生活必需品ですから、早く直してくれたのは大変助かりました。

 風呂場のリフォームの見積もりは、盆休み明けにできましたが、予想より高いので保留にして、もう一つ相見積もりを取ることにしました。ところが盆休みですぐにはできないということでした。盆休みも会社によって日にちに違いがあるからです。

 いつも感じることですが、トラブルがおきると不思議にいくつか重なっておきるものです。以前にボーズのステレオが故障した時に、ビデオデッキが壊れてしまいました。今回もまさしくその通りになりました。

 ところで、仮に風呂のリフォームをすることになりますと、出来上がるまでの間、銭湯に行かなければなりませんが、この頃は銭湯が廃業してしまい、近所にはなくなりました。○○の湯というのを探していくより他はないようです。

 

|

« 有料老人ホーム慰問演奏をして思ったこと | トップページ | 曽野綾子著「老いの才覚」を読んだが―①― »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラブルは重なるもの:

« 有料老人ホーム慰問演奏をして思ったこと | トップページ | 曽野綾子著「老いの才覚」を読んだが―①― »