« おかしな夢 | トップページ | やっぱり人気NO.1か―NHK鈴木奈穂子アナウンサー   »

2011年8月27日 (土)

情けない民主党代表選挙―小沢氏だけがやけに目立つ―

 「菅首相辞めろ」と菅下ろしの嵐が吹き荒れていたのが、民主党代表選挙に注目が変わった。野田氏の代表選出馬が早かったが、前原氏が出馬を決めたことによって情勢が大きく変わった。前原本命と新聞は書いているが、結果は見るまで分からない。

 この半月余り、目立つのは、小沢氏である。党員資格停止でひっそりとしていたのが、俄然代表選の中心人物としてクローズアップされてきた。

 立候補予定者がこぞって”小沢詣で”をするからである。小沢詣での目当ては120名という大グループを擁している小沢氏の支援が雌雄を決すると考えてのことである。

 元はといえば、先の衆議院議員選挙の時、幹事長として新人立候補者を支援し、当選後は小沢氏がその議員たちを取り込んだことにある。小沢氏は、数こそ何より大事と考え行動をしたのであった。

 その小沢氏の恩顧に感じ入る陣笠議員たちは、小沢氏の援助がなければ次の選挙での当選は危ういから小沢氏の傘の下にいるのだ。

 小沢氏は、自民党時代田中角栄氏の下で学んだ手法を存分に駆使して民主党内で最大のグループを形成し、睥睨している。

 また、かつて議員を辞めるとまで言っていた鳩山前首相も小沢氏と手を組んで何やら画策をしているらしい。鳩山グループ30名と小沢グループ120名の力を生かしたいというのであろう。

結局、26日夜九時のNHKニュースによると、鳩山氏の斡旋で、小沢鋭仁氏と海江田氏が手を組んで海江田氏に1本化し、小沢氏も海江田氏を支持することになった。

 これで、親小沢vs脱小沢の対決が鮮明となったわけだ。小沢氏は、負け犬には乗らない人だそうだから、海江田氏を支持したのは勝算があると見てのことだろう。

 どの候補も、挙党一致で難局に当たりますとか、身命を賭してことに当たりますとか、抽象的なことを決意をして述べている。聞きたいのは、具体的な政策である。しかし、肝腎の政策についてはほとんど見えてこない。

 東日本大震災の処理をどうすすめるのか、原発の処理をどうするのか、原発に今後も依存するのか、それらのための金をどう捻出するのか(増税や国債の発行をどうするのか)、外交問題をどうするのか・・・・・などなど重要な課題が山積しているのに政策が示されていないのだ。

 民主党で代表選に名乗りをあげている人たちは、”どんぐりの背比べ”だと朝日新聞に書いてあった。どの人を見ても安心して菅首相の後を任せられるとは思われない。

 そうかと言って自民党に戻るのは・・・?これも嫌である。せっかく長年の自民党政権から抜け出したのだから。

 それにしても、民主党に期待した多くの国民の期待を裏切ってばかりの民主党にはうんざりである。

 民主党の地方議員たちは、民主党のイメージダウンを怖れているということだが、今度の代表選でのイメージダウンは避けられない。これまでの反省もなく相変わらず同じ轍を踏んでいるからだ。

 新しい代表が決まることは間違いないが、誰になったとしても菅さんと同じ道を歩むことになるであろう。そして日本の政治はますます不毛となるに違いない。

 

|

« おかしな夢 | トップページ | やっぱり人気NO.1か―NHK鈴木奈穂子アナウンサー   »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

海江田氏は小沢氏の言うなりになると明言しています。つまり、小沢氏の操り人形ということになります。政策の鉄砲の撃ちあいなら歓迎です。
 誰になったとしても、ねじれ国会ですから、実りのないものになることははっきりしています。

投稿: らら | 2011年8月27日 (土) 10時15分

民主党の国会議員、とりわけ多数を占める新人議員にとっては次の選挙での自らの当選であろう。当選を重ねた議員にとっては新代表の下でのポスト要求である。新聞によると小沢陣営にとっては前原氏を押してもよかったのだが、彼は小沢氏のポスト要求に難色を
示したので、急きょ海江田氏支持に決まったのが真相
のようだ。(一時は参院議長の西岡氏を担ぐ案も浮上
したらしいが、、)これをみても、明らかに政策は二の次で、性懲りもなく自分たちの損得勘定に終始しているのはまことに残念である。が、当人たちにとっては死活問題なので、何を言ってもこの動きは止まらないと思う。国会論戦中に号泣し、指導者としての適格性を問われている海江田氏を支持する理由がよく分からないが、彼なら小沢、鳩山グループにとって御しやすいということなのか。1回の投票で過半数を制する候補者はいないので、まだまだ複雑な動きがありそうである。
いずれにせよ次元の低い国民不在の権力闘争ごっこである。どこかの国のように銃弾が飛び交わないだけましというべきなのか。

投稿: Toshi | 2011年8月27日 (土) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情けない民主党代表選挙―小沢氏だけがやけに目立つ―:

« おかしな夢 | トップページ | やっぱり人気NO.1か―NHK鈴木奈穂子アナウンサー   »