« 松本龍元大臣は自爆テロか?平野達男復興担当相がんばれ!! | トップページ | 桃のシーズンがやってきた »

2011年7月 8日 (金)

恥ずべき九州電力の姑息なやり方

 7日の朝刊やNHKなどの朝のニュースで、九州電力が、玄海原発再開賛成のメールを送るように指示したと報じた。

 6月26日に、国が主催して運転再開問題を県民に説明するために作られた番組を佐賀県内のケーブルテレビが放送し、インターネットでも配信された。

 その番組に、一市民の立場で原発再開のメールを送るように自社や子会社の社員に働きかけていたことがばれたのだ。

 真部九州電力社長は申し訳なかったと謝罪したが、謝れば済むと思って気楽にやる体質が問題である。永田町の政治家と全く同じだ。言いたいことやりたいことをやっておいて、あとで取り消すのは彼らの常套手段である。

 真部社長は部下がやったことで、自分は知らなかったとも釈明をした。実に卑怯である。

 これに対して、海江田経済産業相は国会で、「けしからん。実にけしからん。厳重な処置をとる」と息巻いていた。しかし、パフォーマンスとしか映らない。

 この国の説明会には、7名の県民代表が質問をするために選ばれたが、その選び方にも会社側に有利な立場の県民が選ばれたと不公平性を指摘されていた。

 こういういい加減な、姑息なやり方で、玄海原発の再開に、海江田経済産業相は「安全だ」と言ってゴーサインを送った。

 海江田大臣もぐるで原発再開を目論んでいるのが見え見えである。

 福島第一原発の事故処理で連日あれだけ四苦八苦して試行錯誤を繰り返していながら、何を根拠に安全だと言えるのであろう。

 玄海町町長は再開を認めると言ったが、本音はそれに伴って出て来る金が目当てだと思われる。

 玄海原発を再開しなくても十分に電力は賄えることを示すことこそ電力会社や政府にやってもらいたいことなのだ。

 

|

« 松本龍元大臣は自爆テロか?平野達男復興担当相がんばれ!! | トップページ | 桃のシーズンがやってきた »

原子力発電・再生可能エネルギー」カテゴリの記事

コメント

この問題は、かなり早くからバレていたようですね。傘下の多くの人にmailで指示をしたので、中には良心派もいてバラしたようです。電力会社の実態がわかってよかったと思います。

投稿: らら | 2011年7月 8日 (金) 11時17分

とんでもない。まことにけしからん。恥を知れというのが大方の健全な?反応であるが、こうしたことはパブリシティ(広報活動)を行っている企業なら大なり
小なりどこもがやっていることなのである。従って、
当事者は多分ばれてしまったことが大問題だと思っているにちがいない。身も蓋もないことを言うと、企業内ではこうした問題をうまく対処した人が仕事ができる人として評価され、出世していくのである。正論は青臭い書生論としか見なされない?
そういえば、昔、政府肝いりのタウンミーティングが実は広告代理店に丸投げされていて、質問者から質問内容まで全てやらせであったことが発覚したことがあったが、それとまったく似ている。
それにしても現下の国家的な大問題についてもこのようなヤラセを大胆にもやってしまう神経の太さには
ほんとうに驚いてします。流石、天下の電力会社は
凄い!!

投稿: Toshi | 2011年7月 8日 (金) 10時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150718/40708365

この記事へのトラックバック一覧です: 恥ずべき九州電力の姑息なやり方:

« 松本龍元大臣は自爆テロか?平野達男復興担当相がんばれ!! | トップページ | 桃のシーズンがやってきた »