2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 私の消夏法 | トップページ | 白い可愛い子猫ちゃん―③―キビナゴをやった »

2011年7月18日 (月)

ゾウの予言が当たったゾウ―なでしこジャパン世界一おめでとう―

 なでしこジャパンが遂に世界ランキング1位の強豪アメリカを下してFIFA WORLDカップの世界一に輝いた。

 何という快挙!!

 しかも、アメリカに先制されながらそれを2度も押し返し、PK戦に持ち込んでの勝利。

 前半戦では、アメリカに7本のシュートを浴び、おされ気味であったが、何とか0:0で凌いだ。

 後半戦に入って、アメリカに先制点を取られたときは、さすがアメリカと感心した。それを12分ほど後になでしこが得点をして同点になった。得点をされてからのなでしこの動きがよくなったと感じた。

 アメリカにシュートをされ危ない場面もあったが、延長戦に持ち込むことができた。

 延長戦に入って、ワンバックにゴールをされ、やはり先制の得点はアメリカ。もう駄目かと思ったが、キャプテンの沢穂希が見事にゴールを決め、しかも、単独得点王になった。

 そしてPK戦。PK戦は運が左右する。どうなるかとハラハラしいていたが、キーパーの海堀選手が見事にセーブをして、なでしこは沢選手を残して優勝を決めた。

 延長戦までの本試合では、最初はアメリカに押されて、得意のパス回しもうまく行かなかったが、だんだんと粘りをみせるようになり、負けるかという崖っ淵から2度息を吹き返したのは、見事であった。

 約5万人の満員の観客やTV観戦をしているファンが堪能できる試合であった。

 戦前の予想では面白いことがあった。ドイツでは蛸だけでなく、象にもl試合の予想をさせていたが、その象は準決勝までを全て当てていて、決勝戦は日本の勝ちを予言したというのだ。

 試合を見ながら象の予言ははずれるゾウと思って見ていたが、何と最後には逆転で勝ったのでゾウの予言が当たってしまった。これは嬉しい予言であった。

 なでしこジャパンの選手たちは、体格的にはアメリカなど西洋の選手に圧倒的に負けていたが、技術・体力・精神力では負けてはいなかった。

 アメリカでは、女子サッカーをやる人が200万人もいるそうだ。それに対して日本ではたった4万人。ピラミッド型のサッカー人口があるアメリカに勝ったという意義も大きい。しかも、女子のワールドカップは今年が丁度30周年という節目であった。

 何よりも一番よかったのは、東日本大震災の大災害の後のl優勝であったことだ。選手たちは「がんばろう日本」を掲げて一戦一戦を勝ち抜き見事世界一になった。これは何にも勝る被災地への大きな励ましとなったし、日本全体に対しても明るいニュースとなった。

 32歳の沢選手は、穂希という名前だがいい名前をつけてもらってそれに負けない「誉れ」高い選手になった。名前を体現したのが凄いと思う。

 なでしこジャパン、大きな感動を有難う!!

【画像】澤穂希/FIFA女子ワールドカップ・ドイツ 2011

« 私の消夏法 | トップページ | 白い可愛い子猫ちゃん―③―キビナゴをやった »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

 まだまだあります。陸上も水泳も!女性の時代ですね。政治も女性に任せた方がいい?

このところ世界のスポーツ界で日本女性の活躍は素晴らしい。ソフトボール、柔道、レスリング、フィギャースケートそして今回のなでしこジャパン。完全に男子のお株を奪っているといっても過言ではありません。スポーツに限らずあらゆる分野で女性はその能力を思う存分開花させています。私は現在地域のカルチャーセンターにパートで勤務していますが、利用者の7割以上が女性です。旅行、レストラン、イベント会場どこに出かけても女性の方が圧倒的に多いのです。
勿論、男は昼間職場ということもありますが、定年になって自由な時間ができても外へ出て積極的に他人と交流しようという人は少ないようです。
女性と男性の勢いの差はこうしたことからも分かるような気がします。自分自身も含め、男どもよもっと
元気を出して、何でもいいからチャレンジし

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 私の消夏法 | トップページ | 白い可愛い子猫ちゃん―③―キビナゴをやった »