« よかったプランタン管弦楽団第10回定期演奏会 | トップページ | 愛知芸術文化せんたーの「東北復興支援チャリティコンサート」―① »

2011年7月21日 (木)

ECRR(欧州放射線リスク委員会)議長クリス・バズビー博士来日決定

  おけらさんのblogで知りました。情報源は下記のURLです。広め欲しいと書いてありましたので転載させていただくことにしました。

ーーーー
http://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-4795
今の日本にとって、大変重要な人が来日します。(7月17~21日)
ぜひ、多くの人にお伝え下さい。
 ECRR(欧州放射線リスク委員会)議長クリス・バズビー博士来日決定
 被ばくによる健康被害について、日本政府はもっぱら国際放射線防護委員会(ICRP)が勧告した基準をもとに安全基準を考えてきましたが、しかし、この基準は大変問題のあるものでした。
 なぜなら、それは「内部被ばくの危険性」を殆ど考慮しておらず、「核・原子力開発のためにヒバクを強制する側が、それを強制される側に、ヒバクがやむをえないもので、我慢して受忍すべきものと思わせるために、科学的装いを凝らして作った社会的基準であり、原子力開発の推進策を政治的・経済的に支える行政的手段」(中川保雄「放射線被曝の歴史」)だからです。
 しかし、このことを正面から指摘する科学者集団は長い間、存在しませんでした。1997年、ようやくそれが出現しました。
 欧州放射線リスク委員会(ECRR)です。その初代の議長は、1958年に世界で最初に低線量被曝問題(妊婦のX線撮影により小児ガン・白血病の増加)を発見した英国のアリス・スチュアートでした。
 つまり、ECRRは、それまで国際的権威とされてきたICRPの基準に対して、その非科学性を最も徹底して追及してきた唯一の国際的な科学者団体でした。
 そのECRRの議長をつとめるクリス・バズビー博士が英国から来週17日(日)に来日が決定しました。
 
 バズビー博士は、
(1)、昨今、放射線 「正しく恐れよう」と称して間違った安全神話を流布する学者先生たちがあとを断ちませんが、真に科学的にみたとき、被ばくの危険性はどう考えるべきか、
(2)、ICRPの基準は真に科学的な立場からみた場合、どう評価されるべきか。
(3)、ECRRの基準に従えば、今、福島原発事故によって住民は、今どのような被ばくの危険性にさらされているか。
など、現在最も緊急かつ切迫した課題について、講演の予定です。
 日常的な毒や事故と異なり、「放射能は見えない、臭わない、味もしない、理想的な毒です」(アーネスト・スターングラス博士)。言い換えれば、私たちは放射能を市民の日常感覚で考えてはいけないのです。
 放射能は、日常感覚で考えたとき、取り返しのつかない間違いに陥る恐ろしい毒です。だから、この問題では、市民は自らの身を守るためには、科学の素人といえども、日常感覚を脇に置き、科学的認識に向かうしかありません。
 ところが、日本には、ICRPを筆頭にして、科学者の背広を着たいかがわしい人々が市民の周りに数限りなく存在していて、「100ミリシーベルト以下なら安全」などという非科学的で有害な言説を放射線のごとく振りまいています。
 
 そこで、放射線のみならず、放射線安全基準の言説でもすっかり汚染されている日本において、市民が日常感覚を脇において、真に適切な科学的認識に向かうために、ECRR議長のクリス・バズビー博士の講演が極めて有益なものであると確信します。
 今回、英国からバズビー博士の来日にあたっては、皆様の支援を必要としています。どうか、寄付、カンパをよろしくお願いいたします。  
1、17日(日)午後
 東京 会場:東京都渋谷区代々木2ー12ー2 カタログハウス本社ビル B2Fセミナーホール(JR 新宿駅南口から徒歩 8 分)
2、18日(月)午後
 茨城 会場:常磐大学 見和キャンパス(茨城県水戸市富士見2-17-1)(予定)
3、19日(火)午後
 福島 会場:会津大学(福島県会津若松市一箕町鶴賀)(予定)
4、20日(水)午後
 東京 会場:参議院 議員会館(予定)

|

« よかったプランタン管弦楽団第10回定期演奏会 | トップページ | 愛知芸術文化せんたーの「東北復興支援チャリティコンサート」―① »

原子力発電・再生可能エネルギー」カテゴリの記事

コメント

いずれ講演内容が分かると思いますので、分かり次第お知らせいたします。

投稿: らら | 2011年7月22日 (金) 13時08分

クリス・バズビー博士の講演のご案内ありがとうございました。講演の内容や福島でのご指導の内容なども是非知らせてください。

投稿: Ninja | 2011年7月22日 (金) 10時50分

放射能ヒステリーというのは、ひどい言い方だと思います。脱原発原理主義というレッテルはりも同じです。放射能は目に見えない、匂わない、次々広がる、いつまでも残る、味もないだけに厄介です。良心的科学者の活躍が期待されます。

投稿: らら | 2011年7月21日 (木) 15時01分

今回、ブログを読ませていただいて初めてICRPとかECRRの存在を知りました。丁度、放射性セシウムで汚染された稲わらを食べた福島県の肉牛問題が全国に拡大している時だけに注目すべき話題だと思います。消費者の側に立てば放射能に汚染された牛肉を食べることはまさに内部被ばくであり、絶対に避けたい事態です。ただ福島県の肉牛全てが出荷停止になれば
肉牛農家にとっては死活問題ですし、かりに安全が確認されたとしても、風評被害は続くものと思われます。原発事故が原因ですので生産者も被害者です。政府としては内部被ばくの影響を常に過小評価したい動機が働きます。今日発売の週刊新潮のみだしにも「放射能ヒステリー」という言葉が掲載されていました。
いろいろな思惑で真実が歪曲されないよう我々は正しい情報の開示を望みたいと思います。


投稿: Toshi | 2011年7月21日 (木) 13時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ECRR(欧州放射線リスク委員会)議長クリス・バズビー博士来日決定:

« よかったプランタン管弦楽団第10回定期演奏会 | トップページ | 愛知芸術文化せんたーの「東北復興支援チャリティコンサート」―① »