2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« マイクロソフトを装うUniblue Registry Booster | トップページ | 東京新聞の「こちら特報部」―「反骨の学者小出裕章助教に聞く」 »

2011年4月14日 (木)

福島第一原発事故の今とこれからがよく分かる―必見の動画

 福島原発事故についてとても分かりやすい動画のアドレスを友人が送ってくれました。1時間20分の長編ですが、それだけに福島原発事故のすべてがよく分かります。

 インタビューアーは岩上安身さんで、答えている人は、京都大学原子炉実験所小出裕章助教です。

 小出助教は、4月15日号の週刊朝日にも登場しています。

  

 「(小出先生は)京大の助手として採用されてから三十年以上たつ。
しかし、今中助教とともに准教授にさえ昇進していない。
『私たちに共感してくれる若手研究者も何人かいたが、一緒にやろうとは誘えなかった。
ぼくらの仲間に入ると、研究者として安穏とは暮らせなくなる。
でも今は後悔している。
私と今中さんがいなくなったら、原子力に異を唱える研究者はもう出てこないのでは』」
 動画のアドレスは: http://www.ustream.tv/recorded/13897618
 近日中に東京新聞のインタビュー記事からも紹介をしたいと思っています。
 
     

« マイクロソフトを装うUniblue Registry Booster | トップページ | 東京新聞の「こちら特報部」―「反骨の学者小出裕章助教に聞く」 »

災害」カテゴリの記事

コメント

誰だったか外国人の学者だったと思うのですが、人間のやることだから完璧といことはありえないと言っていました。だからこそできるだけの安全策はとるべきだと。今になってみればそのコストは取って置けばよかった安全策のコストの何千倍かはかりしれません。

動画をみました。福島第1原発から原発は絶対反対と言う人が増えています。
原発はコストがもっとも安く、クリーンエネルギーだと言うのは、人間が一つのミスも起こさない神のような存在であれば可能かも知れません。
残念ながら神ではありません。
小出先生が火力と水力とで十分まかなえると言われるなら、放射線を出し続ける原発は反対です。
私はソーラーを積極的に取り入れてきましたが、まだソーラーはあまり普及していません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発事故の今とこれからがよく分かる―必見の動画:

« マイクロソフトを装うUniblue Registry Booster | トップページ | 東京新聞の「こちら特報部」―「反骨の学者小出裕章助教に聞く」 »