« 山崎川ウオーキングで見かける人、花の開花 | トップページ | 福島第一原子力発電所事故はやはり人災だった!! »

2011年4月 2日 (土)

福島原発事故の国際協力

 福島第一原子力発電所事故は相変わらず危機的な状況のままである。それに対して、フランスからはサルコジ大統領自らが来日したし、アメリカのオバマ大統領も全面的強力をするといって、これまでの人的物的支援に加えて専門家チームやロボットも送ってきた。

 フランスも汚染した水を処理する専門家チームを送ってきた。また、ドイツも外相が来日し、ロボットなどを送る用意があると言った。

 IAEAもすでに専門家を送って来ているし、今や世界的な事後処理対策が進みつつあるのは大変心強いことである。

 しかし、考えるまでもなく、今回の事故は世界の問題である。フランスは58基のプラントを持ち、85%の電力を賄っているというから、大統領やパワープラントのトップが来るのも当然である。

 NHKの3月31日の19時のニュースでは、フランスが来る理由は、中国などに原子力パワープラントを輸出するので、それに支障が起こることをおそれているのだと解説していたが、それは理由の一部にしか過ぎない。ヨーロッパは国が隣接しているから、もし、フランスで事故がおきたらそれこそ大変である。だからそうならないように今回の福島の事故から学ぼうとしているのだ。

 フランスは現に最大の原子力発電依存国であるし、アメリカもオバマ大統領がクリーンエネルギー政策で原子力発電を推進しようとしているから、今回の事故で多くの教訓を得たいからである。

 直接日本に来て今回の大事故の原因を調査し、それへの対応策を知って今後の自国の原子力発電に生かしたいというのが最大の理由である。

 原子力発電は、クリーンどころか一旦事故が起きてしまうととんでもない厄介な汚染を引き起こすことが証明されたのだ。本当は、人類はソ連のウクライナのチェルノブイリ事故やアメリカのスリーマイル島大事故のときにそのことを学ぶべきであったはすなのだ。それをないがしろにしてきたので今回の事故につながったのだと言える。

 ドイツでは、メリケル首相が原子力発電推進を見直さざるを得なくなって来ている。原子力発電反対運動が力を増し、地方議会でも反対派が躍進したと言われる。

 中国でもインターネットで反対の声が広がっているという。これを機会に原子力安全神話から目覚めて、本当のクリーンエネルギーを見つける方に進まなければならないと思う。

いずれにせよ当面の課題はどのようにして放射能汚染を閉じ込めるかである。それには米仏などの国際的な協力を得て叡智を絞って成し遂げてもらいたい。

 Fukushima I NPP 1975.jpg

|

« 山崎川ウオーキングで見かける人、花の開花 | トップページ | 福島第一原子力発電所事故はやはり人災だった!! »

国際」カテゴリの記事

コメント

 人災だということは、はっきりしていると思います。以前のblogでも書いたように、福島第一原発を作ったGEの技術者、IAEA、共産党の吉川議員の国会質問で安全対策が不十分であると指摘されていたのに放置をしてきたのですから。

投稿: らら | 2011年4月 3日 (日) 10時17分

3日のサンデーモーニングで「想定外ということは自然を相手にはあり得ないのだ」と言っているひとがいました。また別のコメンテーターは、アメリカは核について日本より進んだ知識や技術を持っているだろうと当てにしていたら当てがはずれたと言っていました。国際協力を得ながら手探りでやっていくより仕方がなさそうです。

投稿: らら | 2011年4月 3日 (日) 10時08分

福島第1原発の場合明らかに人災と思われます。なぜなら女川原発の被害は福島原発に比して非常に軽いことです、福島は津波を最高5.7mとし、女川は9.1mと設定し設計、女川は原発の敷地を14.8m震災の津波の高さと同じ高さで、一部浸水はあっても大事には至りませんでした。
考え方が甘かったか、経済優先で無理な設定をしたのか、東電と言う会社を疑いたくなります。

投稿: maron | 2011年4月 2日 (土) 23時30分

ひとたび大事故が起これば、原発は始末におえないとんでもない代物であることを今回のことで思い知らされているのが現状です。確かにこれまで小規模なトラブルはありましたが、安全神話を
覆すには至りませんでした。ソ連崩壊の主因にもなったチェルノブイリの大事故も、あんなことは
高い技術を持つ日本では起こりえないと正直思っていました。
大事故は起こりえないという前提ですので、起きた場合の対処方法が暗中模索であるのは当然の帰結です。短期間に終息することはとても望めないという事態に不安が増すばかりです。

投稿: Toshi | 2011年4月 2日 (土) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発事故の国際協力:

« 山崎川ウオーキングで見かける人、花の開花 | トップページ | 福島第一原子力発電所事故はやはり人災だった!! »