« 党利党略と利権とはまっこと情ない | トップページ | 東一社竹の子子ども会でマジック »

2011年4月26日 (火)

筍とこしあぶらと素敵な喫茶店と

 24日夕方電話があり誰かと思って受話器を取ったら、maronさんでした。筍が自宅の庭でたくさん獲れるからあげるということででした。

 筍はシーズンで少しは安くなったとはいえ、まだ高い。一度イオンで賞味期限が来たのを半額で買っただけです。それでお言葉に甘えることにしました。

 日進のウガンダコーヒー店でお会いすることにしました。その後Mさんからも電話があり赤池駅まで迎えに来てくれるということでした。

 25日の朝8時ごろに家を出て地下鉄で赤池まで行き、Mさんと落ち合いました。奥さんもご一緒でした。奥さんから、「こしあぶら」という珍しい山菜を頂きました。

こしあぶらはタラの芽に似ていますが山菜の女王と呼ばれているそうで最近人気が出てきたのだとか。てんぷらにして食べるとよい香りもあり苦味も減っておいしいということです。

 待ち合わせのウガンダはMさんが確かめたところ残念なことに月曜休日だということでした。それでmaronさんが素敵な喫茶店に案内して下さるということでした。

 まず、maronさんのお宅に行き、筍を頂きました。庭の竹やぶにどんどん生えるので掘っているのだと言っておられました。

 それからmaronさんの車の後について喫茶店へ行きました。「森乃談話室」という洒落た名前の店で、駐車場には車がたくさん停まっていました。すぐ前に大きな万博記念公園の観覧車が見えていました。万博会場の南西の門の近くだと思いました。

 中に入ると、店内は広く大きな小豆色のソファでした。壁にはロココ風のような優美な絵が掛けてありました。また、ROLANDのグランドピアノも置いてありました。Mさんの奥さんは、ピアノが弾けるので弾いたらといいましたが首を横に振っていました。

 店員に尋ねましたら、このピアノはピアニストとか芸大の学生などのピアノの弾ける人でないと駄目で、演奏の時間があるのだということでした。

 ピアノの傍の椅子に座って話をしました。コーヒーはきれいな器に入っていて店の特別ブレンドだということでした。1杯580円ですが朝なのでパンとサラダがついていました。面白いことにコーヒーのチケットを買うと380円だそうで、maronさんがチケットを買いました。

 モーニングのパンは、米粉入りの白い柔らかいパンでした。サラダは小さいカップにジャガイモと堅いラスクのようなものとサラダ菜が入っていました。

 maronさんは話好きで博識でMさんも負けず劣らずなので原発事故のことや復興のことなどいろいろとはずみました。

 途中からピアノの演奏が始まりました。学生風の女性が有名なオールディーズの曲を弾いていました。

 談論風発であっという間に3時間もたっていました。本当に「森乃談話室」でした。

 頂いた筍は妻が蛍烏賊と一緒に白味噌であえました。柔らかくておいしく頂き、ました。また、こしあぶらは天麩羅にして夕食で頂きました。噛んでいると香りが広がりとてもおいしかったです。

 

Cimg1362

Cimg1364

Cimg1366

Cimg1369

 

 

 

|

« 党利党略と利権とはまっこと情ない | トップページ | 東一社竹の子子ども会でマジック »

交わり」カテゴリの記事

コメント

仰る通りです。素敵な方とのお付き合いは人生の何よりの雅味です。
 朝掘りの筍も美味でした。
 生演奏もよかったです。

投稿: らら | 2011年4月26日 (火) 21時10分

素晴らしいお付き合いが人生を豊かにしてくれますね。以前名東区の親戚に掘りたての筍をよく頂きましたが、柔らかくて大変美味しかったことを思い出しました。ピアノの伴奏でモーニングが食べられるのも素敵ですね。

投稿: 長谷部文子 | 2011年4月26日 (火) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筍とこしあぶらと素敵な喫茶店と:

« 党利党略と利権とはまっこと情ない | トップページ | 東一社竹の子子ども会でマジック »