« 減税日本のまやかしといい加減さ | トップページ | 党利党略と利権とはまっこと情ない »

2011年4月24日 (日)

パイプオルガンコンサートのご案内―名古屋オルガンの秋実行委員会―

 「名古屋オルガンの秋実行委員」会の吉田文さんから下記のようなパイプオルガンコンサートの案内が来ました。 素敵なコンサートになると思いますので転載させていただきます。

 秋以降の分につきましては、長くなるので秋にご案内させていただきます。

 

 この度の東日本大震災で犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
被災されました方々に謹んでお見舞いを申し上げると共に、ご不自由な思いをされている方々が、いち早く日常の生活を取り戻されますように、心よりお祈り申し上げます。
 この様な折ではございますが、被災地の一刻も早い復興を音楽のうちに一つの心となり祈ることも、名古屋オルガンの秋実行委員会としてできることなのかも知れないと思い、今春の「名古屋オルガンの春2011」を実行することを決定いたしました。
ドイツのパイプオルガン工房4社と、オルガンセミナー・オルガンツアーを企画するマネージメント会社1社のご協力を得る事もでき、コンサートの前後には、実際にヨーロッパの教会で使われていたオルガンのパイプ、日本では入手できないCD等のチャリティー販売もいたします。
日程が迫り誠に恐縮ではございますが、多くのみなさまのご参加・ご協力を心よりお願い申し上げます。
・5月15日(日)15:30 カトリック五反城教会・
Im Gebet 祈りのうちに
東日本大震災・被災者と犠牲者へ捧げるコンサート
マックス・レーガー(1873-1916)
「オルガンの為の12の小品op.65」より
ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750)
バイオリンの為のソナタ第2番イ短調 BWV1003 オルガンソロの為の編曲(日本初演)
溝上日出夫(1936-2002)
アダージョ
オルガン:トーマス・マイヤー=フィービッヒ 吉田文
・5月29日(日)15:30 カトリック五反城教会・
Ave Maris Stella めでたし、海の星
聖母マリアへの祈り
フランツ・リスト (1811-1886) 
アルカデルトによるアヴェ・マリア
ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750) 
私は主をあがめ BWV684, BWV733
トーマス・マイヤー=フィービッヒ(*1949) 
アヴェ・マリス・ステラ~めでたし、海の星 他
聖歌:Vox Angelica(南山大学短期学部聖歌隊)有志
オルガン:吉田文
チラシはこちらからご覧頂けます。
 また、今までに名古屋オルガンの秋実行委員会へ多くの皆様から寄せられましたお声を元に、「名古屋オルガンの秋presentsブランチコンサート@愛知県芸術劇場コンサートホール」という3回に渡るコンサートシリーズも企画いたしました。こちらも合わせてお知らせ申し上げます。
愛知県芸術劇場コンサートホールには、日本で個体としては最大のパイプオルガンが備え付けられています。午前中枠のみを使用してコンサートを開催することにより、より廉価なお値段で、ゴージャスなパイプオルガンの響きを午前中のひとときにお楽しみ頂けます。
本来のオルガンレパートリーの他にもジャンルを他分野に広げ、堅苦しくなく、多彩で楽しいプログラムをご用意いたしております。
みなさまからのリクエストも毎回受付けております。採用が決定した方には入場券をペアで進呈いたしますので、みなさまどうぞふるってご応募下さい。
・6月1日(水)華麗なるパイプオルガンの世界へようこそ!・
J. S. バッハ トッカータとフーガニ短調BWV 565
Ch. M. ヴィドール オルガン交響曲第5番より「トッカータ」 他
 [東京]サントリーホール

|

« 減税日本のまやかしといい加減さ | トップページ | 党利党略と利権とはまっこと情ない »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パイプオルガンコンサートのご案内―名古屋オルガンの秋実行委員会―:

« 減税日本のまやかしといい加減さ | トップページ | 党利党略と利権とはまっこと情ない »