« 心痛む東北地方太平洋沖大地震 | トップページ | 空前絶後の津波大災害―与野党協力して事に当たれ― »

2011年3月13日 (日)

想像を絶する東北地方大地震の被害

 私が昨日のblogで東北地方太平洋沖地震について書いたときは、まだ地震発生の当日のテレビの情報に基づいており、したがって随分のんびりしたblogであったことを恥じます。

 地震の翌日、夜が明けて明るくなるに連れて地震の報道がより詳しいものに変わりました。淡路阪神大震災のときもそうでしたが、最初は被害についてはほとんど分かりませんでした。1日ほど過ぎてやっと被害が大変であることが分かりました。

 今回も同じです。地震発生第二日になって、それまで分からなかった地域の被害も明らかになり始めて少しずつ被害の大きさが分かってきました。

 私は、昼間は用があったのでテレビや新聞を夕方まで見ることができませんでした。夕方帰宅して夕刊やテレビを見て被害の甚大さに言葉が浮かびませんでした。

 想像を絶するとは正にこのことでした。夕刊の写真やテレビの画面からは実に悲惨な光景が映し出されました。大津波によって幾つかの町が壊滅していました。大津波の様子はこれまでの津波の知識を覆すすざましいもので何とも表現ができません。

 被害を受けた方々はこれからどうしたらいいのか茫然自失ではないかと思われます。日本政府も国家予算が成立しないときに大災害が起こり、その対処に困っているようです。

  気仙沼、陸前高田、大船渡など幾つかの漁業の町が壊滅しました。また、農業地帯も津波に襲われて全滅したところも見られました。漁業の建て直し、農業の建て直しも大変だと思います。病院などの施設も多く失われたと思います。

 さらに大変なのは、福島第一原子力発電所で爆発事故があったことです。今のところ詳しいことは分かっていません。たた言えることは、原子力発電の危険性が証明されたことです。どう対応するのかも不明ですが住民のみなさんの健康に影響がないことを祈るのみです。

 被害を受けた地域に、自衛隊や格都道府県からの支援隊も送られていますがこの史上最大の大地震に国家を挙げて立ち向かって欲しいと思います。この際、与党も野党も政局から離れて真剣に国家的大災害に対処して欲しいと切望します。どこかの週刊誌が菅総理の寿命が延びたなどと書くかもしれませんがそんな問題ではないと思います。

 私たちには何がしかの義捐金をおくるくらいのことぐらいしかできません。災害を受けられた方々には、くれぐれも健康に気を付けて頑張っていただきたいと思います。

001-13

|

« 心痛む東北地方太平洋沖大地震 | トップページ | 空前絶後の津波大災害―与野党協力して事に当たれ― »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 想像を絶する東北地方大地震の被害:

« 心痛む東北地方太平洋沖大地震 | トップページ | 空前絶後の津波大災害―与野党協力して事に当たれ― »