2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 芥川賞「苦役列車」を読む | トップページ | 自壊する民主党と情けない政界―混沌の時代の始まり― »

2011年2月20日 (日)

小学校の英語教育

 4月からいよいよ小学校でも英語教育が始まるというので、新聞やテレビでも関連したニュースを扱っている。

 18日の朝のNHKニュースでも特集として、小学校英語教育への問題点を取り上げていた。

 ネイチブのAETを見つけられるとよいのだが、田舎の方ではそう簡単ではない。また、都会でも、誰でもよいというわけにはいかないのでAET探しに苦慮しているところもあるそうだ。

 日本人で、英語の出来る人に助けてもらうという取り組みをしているところもあるという。

 担任の教員が英語を教えるということを考えているようだが、研修が十分に行えないとか、教員自身が英語を得意でないなどが障害になっているようだ。

 中日新聞は、ベネッセ教育開発センターのアンケート調査を紹介していた。それによると、英語を担任が教えるのに

◎とても自信がある→1.6%

○まあ自信がある→30.1%

△余り自信がない→56.1%

×全く自信がない→1.2%

 だったという。

 また、指導に負担を感じるかという問いに対して、

×とても負担を感じる→16.8%

△まあ負担を感じる→45.8%

○あまりない→32.9%

◎全くない→4.3%

であった。

 約60%の教員が英語教育に自信がなくて負担を感じるということである。

 私は、40歳を過ぎてから英語会話の勉強を始めたが、在職中には一度も役に立てる機会がなかった。第一、中学校でも英語の教師で英語会話が出来る人はほんの僅かで、英語といえば、読解と文法を教えていたのだ。

 今現職なら英語を教えるのが楽しみだと思うのだが世の中うまくいかぬものである。以前にも書いたと思うのだが、先見の明がありすぎたのだと思っている。

« 芥川賞「苦役列車」を読む | トップページ | 自壊する民主党と情けない政界―混沌の時代の始まり― »

教育・生涯学習」カテゴリの記事

コメント

 大変長文のコメントを有難うございます。1つの英語論としてみなさんの英語教育、英語観に対する参考になると思います。

宇宙の成り立ち、古代文明の有様、外国の実情などを知る場合にも、我々は英語を使わなくてはならない。
外国人が我々日本人を理解する場合にも、英語を通して行われている。かな・漢字を通して理解されているわけではない。
だから、英語は、我々にとって単なる一外国語ではなく、とりわけ重要な国際語というにふさわしい情報交換の手段となっている。

英語圏に行けば、片言の英語でも通じる。暮らしてゆける。
完全な英語でなくても、英語環境がととのっているから通用するのである。
英語環境がととのっていれば、そのうちに、英語も上達する。

我が国においては、どんなに英語が堪能であっても就職先に困る。
それは、人々が英語を使わないからである。これでは、暮らしがなりたたない。

日本の学校で6年間英語の授業を受けてもまず話せるようにならないのは、英語環境がととのはないからである。
一歩学校の外に出ると英語を使わないのでは、せっかく習った英語も錆ついてしまう。
日々の学習努力も賽の河原の石積みとなっている。

日本の学生のために英語環境を整えることが、語学力を増すことにつながると考えられる。
それには、英語を我が国の第二公用語にするのがよい。
国民も政治指導者も、英語の使用を日本人のあるべき姿と考えることが大切である。

国際社会において、我が国を代表する政治家にも英語の堪能さが見られない。
日本語のみを使用する社会において、実用にならない言語の学習は空しいばかりである。それにもかかわらず、我が国においては英語教育に名を借りた序列争いばかりが激しく行われている。
英語の学習を民間に奨励するだけでは充分ではなく、英語を習得したことに対する国家の強力な報奨(incentive)が必要であります。
英語を実用の言語とする政治指導者のさきを見据えた努力が大切です。
たとえば、公務員採用試験に英語の能力にすぐれた人物に優遇処置を施すなどの法的裏づけなどが効果的でありましょう。

英米人には、手先・目先の事柄に神経を集中する特技は得られないようである。かれ等は、生涯、歌詠みにはなれないでしょう。
日本人には、英語を使って考えることはきわめて難しい。しかし、これは不可能ではない。全員ではないが、知識人には為せばなる学習であると私は考えています。
わが国民の作る細工物は出来栄えが良い。なおその上、英米流の哲学にも良き理解を示す民族となれば、未来の日本人は鬼に金棒ということになるでしょう。
だから、英語を我が国の第二の公用語とすることには大きな意義があります。実現の暁には、我が国民のみならず、世界の人々に対しても大きな未来が開けることと考えられます。

一見我が国は教育大国を目指しているようであるが、大人の教育はない。つまり、子供が大人になるための教育はない。
我が国においては、教育といえば子供の教育のことを指している。目先・手先のことのみを述べる人は、子供のようである。
大人には考える教育が必要です。一人一人に哲学が必要です。
現実と非現実の間に区別を置くことなく語る人の内容には意味がない。だから、日本の知識人には価値がない。

「感情的にならず、理性的になれ」と国民に訴える指導者がいない。
「国民の感情に反する、、、、、」と言うのでは、主張の論拠にならないが、それのみを言う。
感性 (現実) あって理性 (非現実) なし。我が国は、一億総歌詠みの国にとどまっている。

大学生は入学しても、キャンパスで4年間遊んで過ごすことになる。
無哲学・能天気の大学生は、平和ボケ・太平の眠りの中にいる。
「入学を易しく、卒業を難しく」というような教育方針は現状を観察すれば空しい限りである。

日本人は、国連中心主義が好きなようだ。
国連の議場で世界の人々を説得するためには、自己の言葉が冴えわたる必要がある。
議論のできない人があえて国連中心主義を唱えるのは、自己の他力本願を表明するための手段ということになるのであろうか。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小学校の英語教育:

« 芥川賞「苦役列車」を読む | トップページ | 自壊する民主党と情けない政界―混沌の時代の始まり― »