2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 老いへの不安を感じた一瞬 | トップページ | 河村市長流の大勝 »

2011年2月 7日 (月)

大相撲大阪場所中止は当然だ

 八百長問題に揺れる日本大相撲教会が大阪場所の中止を決定した。残念なことには違いないが、やむを得ない措置ということができる。

 朝日新聞によると、三段目恵那司が所属する入間川部屋は、春日野部屋の系統であり、元春日錦(竹縄親方が所属する春日野部屋はあの名横綱の栃錦がいた部屋である。先代の元横綱栃の海親方は八百長には特にうるさかったという。「八百長には絶対に関わるな。もし関わったら、廃業しろ。」と指導されていたという。

 「八百長には絶対にかかわるな」ということは、八百長があるということを認めた上での発言だと理解できる。「八百長があるが誘われても春日野部屋の力士は絶対に関わってはいけない。」という意味である。栃の海は八百長がることを知っていたに違いない。だから、弟子たちにはそう言ったのだ。

 その春日野部屋と分家の入間川部屋が今回の八百長事件の発端になったということは何とも皮肉ではある。

 私たちファンからすれば、八百長相撲は以前からあったに違いないと思う。今回その一部が明らかになったということは、よかったし、いくら隠してもいずれは明らかになることであった。

 この機会に相撲協会が大相撲大阪場所を中止したことはよい判断であったと思う。八百長問題をそのままにして大相撲を開催しても疑惑を持ったまま観ることになるので興味も半減する。おそらく一番一番を八百長をしているかどうかという目で観ることにあるであろう。

 そんなことで大相撲を観ても面白かろうはずがない。だから大阪場所の中止をして、その間に、大相撲の抜本的な改革の道筋を示すことは非常に重要な課題であると思う。

 前にも書いたように、この際過去に遡って徹底的に究明をして今後は一切の八百長時間が起こらないようにすべきである。

« 老いへの不安を感じた一瞬 | トップページ | 河村市長流の大勝 »

話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲大阪場所中止は当然だ:

« 老いへの不安を感じた一瞬 | トップページ | 河村市長流の大勝 »