2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 幸せを感じる度合い | トップページ | 失われた20年の中で成長した新成人に思う »

2011年1月 9日 (日)

マジック用シルクやスポンジの値上げ通知をみて

 マジック研究会のSさん宅にマジック用品店から宅配で値段表が届いた。見せてもらったら、下記のように書いてあった。

 「新年そうそうで御座いますがシルクハンカチ、スポンジボール等々手品用品の値上げを1月1日からお願いしたくご案内申し上げます。

 当手品の商品においては30余年にわたり値上げすることなくお買い上げ頂きましたが、数年前よりシルクを染める工場の倒産廃業などで最後に残っていた1軒も2年前に倒産しました。

 ハンカチ用の風合いに染められる工場は無く、やむを得ず当社で倒産した工場の設備を買い取り、ある工場に預けて協力してもらっている状況で加工賃も従来の倍以上となっています。

 また、絹糸についても世界的原材料(中国の一方的)の値上がりで我々の企業努力では限界となり、値上げをお願いせざるをえない状況となっています。

 一方、スポンジボールの件については、昨年9月頃工場の火災で再建不可能となり、他社で協力してもらうことにはなっていますが、スポンジのカットのときに出る有毒ガス発生のためと人件費の安い海外へ工場が移転し、日本で生産することは非常に難しくなっており、値段と品種と納期の点で別紙の値段表のとおりとさせていただきたくお願い申し上げます。

 郡東京店 台東区三筋1-5-7 TEL:03-3851-7131」

 シルクハンカチは、手品の必需品である。それが倒産や廃業や原材料高騰で生産が難しくなっているというのだ。

 スポンジもスライハンドマジックで使うが、それを作るのに有毒ガスが発生するとは知らなかった。また、工場が海外移転をしていると知って驚いた。

 手品の用品はささやかものだと思っていたが、経済不況などの影響を受けているのだ。

« 幸せを感じる度合い | トップページ | 失われた20年の中で成長した新成人に思う »

話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マジック用シルクやスポンジの値上げ通知をみて:

« 幸せを感じる度合い | トップページ | 失われた20年の中で成長した新成人に思う »