2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« お節料理を作らない家庭が32%? | トップページ | (株)関東法務事務局のご注意 »

2011年1月22日 (土)

細木数子の占い料1件10万円とは!

 サンデー毎日を医院の待合室で読んでいたら、「忘れられた日本人」という欄があり、細木数子を取り上げていた。それによると、細木数子の講演会の参加費は1万円で、個人的に占ってもらうとなんと10万円だという。ある1日の講演会を取材したら、占い料が10万円だそうだ。信じられないような金額である。 その記事によると彼女は、その日一日で数千万円稼いだことtになるのだという。

 占いは世界中にある。星占い、カード占い、筮竹による占い、手相占い、名前占い・・・・いろいろある。占いが好きな人は古今東西無数にいるようである。

 「黙って座ればぴたりと当たる」といううたい文句もある。しかし、私は「当たるも八卦、当たらぬも八卦」というのが当を得ていると思う。だからこれまでに一度も自分から占ってもらったことがない。

 私は、これまでに「出世する」と言われたことが二度ある。最初は、幼少時に近所のガラス屋の小父さんから言われた。二度目は、50台の終わりに大徳寺の和尚から言われた。だがどちらも当たらなかった。

 だが、当たったのもある。それは、知人が「あなたは金は儲からない、」と言ったことだ。占いの好きな知人が2人いて2人ともそう言った。私は「どうして?」と聞いたが理由は秘密だといって言わなかった。けれども、確かに当たっている。私は金には縁がないのだ。

 昔、浅野次郎という人がいて一時売れたことがある。そのときに彼が書いた本を買って読んだことがある。大学生であった頃のことだ。その本には10円玉でも占えると書いてあった。確か陰陽法による占いであった。

 それにしても細木数子の占い料はベラボウである。1回10万円もよく取れたものであると思うが、それでも占って欲しいという人がいるから成り立っているのだ。

 そんな彼女をテレビは長い間使っていた。テレビに出ることでますます知名度を上げて高い占い料を取れるようになったのであろう。いくら視聴率を稼ぐからと言って、そういう占い師を使うテレビの罪は大きい。

 

« お節料理を作らない家庭が32%? | トップページ | (株)関東法務事務局のご注意 »

話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 細木数子の占い料1件10万円とは!:

« お節料理を作らない家庭が32%? | トップページ | (株)関東法務事務局のご注意 »