2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 愛知県立芸術大学「芸祭オペラ」の案内 | トップページ | チリ鉱山事故で全員救出に思う »

2010年10月16日 (土)

新型うつが増えているという

 以前から、うつ病が増えていると言われて久しいが、14日の朝のNHKニュースの時間には、特集として、「新型うつ」が増えてると報じていた。

 これまでの”うつ”は30代以上の人に多くみられたが、新型うつは、20代、30代の若い人に多いのだという。

 これまでのうつは一日中うつ状態が続くのに対し、新型うつは趣味などは普通にやれるのに、勤めなどの仕事となるとうまくやれずに落ち込んでしまうのが特徴だという。

 会社などでは、対人関係があり上下関係もあるので、上司などとうまくやれないのだそうだ。新型うつが増えているので、企業活動も影響を受けるようになり、関心をもたざるを得なくなったとか。

 社会性の発達が未熟なのが原因ではないかと推定されている。それで、「みじゅく・現代うつ」と呼ぶそうだ。

 そういえば、若い人の変化がいろいろと言われてきた。KYだとか、他人がどう思うかを気にするとか、草食とか、出世を望まないとか、留学する人が激減したとか、酒を飲まないとか、車を欲しがらないとか・・・・・。

 携帯を使ってmailはひんぱんにするが、面と向かっての会話が苦手だとも言われる。つまり、直接的な他人とのコンタクトがうまく出来ないようなのだ。

 趣味の仲間とはうまくやれるが、仕事としての勤務先の人とはうまくやれないとうことからうつ状態になってしまうというのだが、古い人間からは何とも理解に苦しむ。

 私などは、自己を主張し、人とは日常でも、研究でもがんがんとやり合って来た方だし、それが普通であった。

 以前は、麻雀、飲み会、職場旅行なども盛んに行われた。それがいつの頃からか減ってきてなくなったものもある。そうした中で人との直接的な付き合い方を学ぶ機会もなくなった。

 また、学校でも競争することが排除され、駆けっこなども平等志向になった。学芸会でも主役、脇役などがなく機会平等である。

 その一方で、中学辺りから受験勉強で競争の真っ只中に放り込まれて、対人関係を培う機会が少なくなって行く。

 原因となるものは、いろいろと絡み合っているのだと思う。しかし、「新しいうつ」というものが増加していることは由々しきことだと思う。社会の歪を反映しているものだと思うからそれを正していかなければならないと思う。

« 愛知県立芸術大学「芸祭オペラ」の案内 | トップページ | チリ鉱山事故で全員救出に思う »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型うつが増えているという:

« 愛知県立芸術大学「芸祭オペラ」の案内 | トップページ | チリ鉱山事故で全員救出に思う »