« 消費税ーブレまくる菅首相の発言 | トップページ | オルガンと合唱のチャチティ・コンサート »

2010年7月 5日 (月)

中国からの個人観光の条件緩和

 7月1日から、中国からの観光客を呼び寄せるためにビザ発行の条件が緩和された。それまでは、富裕層の160万世帯が対象とされていたが、今度の改正で、一気に10倍の1600万世帯に拡大された。

 これまでも台湾や中国からの観光客が、北海道、能登半島や箱根などの温泉地などにたくさん訪れていた。私も、立山に行ったときに周りの人が殆ど中国語を話しているので驚いたことがある。北海道に行ったときもホテルにはたくさんの台湾人や中国人が泊まっていた。

 その頃から台湾人、中国人観光客が増えていると実感したものだが、それが年々増えてきているようだ。サンデーモーニングによると、東京では中国人を対象にブランド品のバーゲンセールをやり、中国人にどんどん売れていると言っていた。70万円とか100万円も一気に使う客もいるようだし、個人用ジェット機で来る超金持ちもいるようだ。

 そういえば京都の病院では中国人富豪相手の治療をする所も人気が有るのだと聞いた。

 中国人観光客は、日本人のホスピタリティや礼儀のよさ、街の清潔さなどに感銘を受けたと言っていた。ブランド品を買っても中国と違い日本では偽物がないから安心だとも言っていた。

 これから中国人の観光客がますますふえることであろう。宿泊するホテルでのもてなし、ショッピングでの日本ならではのサービス、触れ合う日本人の親切などが中国人によい印象を与えることが大事ある。これこそが私たち日本人が長い伝統の中で培ってきたものである。それを守り大切にして行って欲しいものである。

 中国に進出している日本企業、とくにスーパーやコンビにや専門店では、日本式のサービス(中国語では、服務態度)が中国人社員に徹底されていると聞く。これまでの中国にはない日本的接客が非常に大事にされているのだ。

 日本に来る中国人もそれを期待して来るであろうし、知らずに来た人も日本人のホスピタリティに触れて感動するに違いない。

 観光客を呼び寄せることにより、経済の活性化を目指すのだと言われているが、温かく誠実に対応することによりそれが可能になるのだと思う。

|

« 消費税ーブレまくる菅首相の発言 | トップページ | オルガンと合唱のチャチティ・コンサート »

国際」カテゴリの記事

コメント

松坂屋駅前店の閉店セールは大変人気だそうですね。安売りをするからなのでしょうか?普段売れるセールをやれないものかと思いますが。私は男なので閉店セールには興味がありません。やはり、女性は感性方面の脳が発達しているのでしょうね。

投稿: らら | 2010年7月 6日 (火) 08時22分

昨日名駅の松坂屋の閉店セールを見てきましたがやはり中国製のバッグ・傘・靴等殆んどが中国製を安売りの対象にして黒山のひとだかりでした。ふちのほうにフランス製のバッグが1万8千円と言うので何故これは高いのですか?と思わず聞いてしまいました。日本製の慶弔用のバッグは3万円切れてはいましたがこれはもう入荷しないので現物が売れたらおしまいの商品です。と売り場の人が言っていましたが、後のことを考えるとバーゲン品は交換やら取り替えてもらう店がなくなるので買わないことして傘を一本買って来ました。

投稿: 長谷部文子 | 2010年7月 5日 (月) 09時53分

意外な所から不景気を脱出できるかも知れません。 書店にはどうしようもない日本の経済、日本沈没のシナリオばかりが氾濫しています。
2,3冊立ち読みして、全然関係のない小説を買いました。

投稿: maron | 2010年7月 5日 (月) 07時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国からの個人観光の条件緩和:

« 消費税ーブレまくる菅首相の発言 | トップページ | オルガンと合唱のチャチティ・コンサート »