« 誰よりも詳しい白内障手術体験記―③― | トップページ | 大企業の社長の高給取りに驚く »

2010年6月26日 (土)

パイプオルガンコンサートの案内

 パイプあるガン奏者の吉田文さんから下記のようなコンサートの案内がとどきました。
 

謹啓

 梅雨の季節となりました。皆様ご清祥のこととお喜び申し上げます。
この度、来たる7月4日(日)14時30分より、カトリック南山教会におきまして「インド・シューベルト村のためのチャリティーコンサート」を開催するはこびとなりましたことをお知らせしたく、本書を送付させて頂きました。

インド・シューベルト村は、学校で学ぶ機会が皆無であったインドの貧しい家庭の子供たちに勉学の機会を与えようと、神言会司祭ヨハネス・シューベルト師が日本より支援者を募り、学校、学生寮、職員住宅、そして教会や自給自足の為の耕作地などを建設したものです。
現在でも、子供のための奨学金や男子寮の建設、そして様々な備品のために、多くの支援を必要としています。

今回のコンサートでは「天使の声」という意味の名前の南山短期大学聖歌隊・ヴォックス アンジェリカがW. A.モーツァルトの「アヴェ ヴェルム コルプス」などの聖歌を歌います他、パイプオルガンの曲目としてバッハ作曲の「トッカータ、アダージョとフーガ」、そしてインドの響きを思わせる珍しいオルガン曲「アニュイ・ヤヴィシュタの2つの舞曲」などを演奏いたします。聴き慣れた優しい曲目と、パイプオルガンの荘厳な響きを堪能していただけるひとときとなるかと思います。

チラシは以下のリンクからダウンロードができます。
表 

http://www.aya-yoshida.de/media/data/07-04_nanzan_plakate0.pdf
裏 http://www.aya-yoshida.de/media/data/07-04_nanzan_plakate1.pdf

「名古屋オルガンの秋2010」の方も、おおよその日程が決定いたしました。
10月12日(火)には、18時30分(予定)より「あいちトリエンナーレ」の県民祝祭ウィークの共催事業としまして、愛知県芸術文化センターコンサートホールに於いて「パイプオルガンと2本のトランペットの華麗なる祭典 ~ブラヴィッシモBravissimo! アイチッシモAichissimo!!~」と名付けたコンサートを催します。
パイプオルガンとトランペットによる数々の名曲を楽しくお聞き頂ける他、愛知県美術館所蔵のクリムト作「黄金の騎士」をモチーフとした新作も初演いたします。それぞれの作品に合わせた照明演出も計画いたしており、世界最大級のパイプオルガンと、世界一流のトランペット奏者のコラボレーションをお楽しみ頂けるものと思います。1800人を収客する大きなホールでの開催となります。こちらの方も、皆様お誘いあわせのうえ、是非ご来臨下さいますよう、心よりお願い申し上げます。

以下、今年の「名古屋オルガンの秋2010」の予定概要です。詳細は又、改めてお送りいたします。
10月9日(日)18:30 カトリック多治見教会(多治見修道院)
トランペット&オルガン  「バッハの珠玉集」 トランペット:武内安幸 オルガン:吉田文
10月24日(日)15:30 カトリック五反城教会
オルガンソロ 「Bach&B-A-C-H」 オルガン:トーマス・マイヤー=フィービッヒ
11月7日(日)15:30(予定)カトリック東山教会
メゾソプラノ&オルガン  「バッハと賛美歌」 メゾソプラノ:信行香代子 オルガン:吉田文
11月14日(日)15:30 カトリック五反城教会
オルガンソロ 「バッハをめぐる幻想」 オルガン:橋本淳
11月28日(日)15:30 カトリック五反城教会
オルガンソロ 「バッハの待降節」 オルガン:吉田文

今年は特に、天候が不安定です。
どうぞ皆様くれぐれもお風邪など召しませんようお気をつけてお過ごし下さいませ。
謹白

|

« 誰よりも詳しい白内障手術体験記―③― | トップページ | 大企業の社長の高給取りに驚く »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パイプオルガンコンサートの案内:

« 誰よりも詳しい白内障手術体験記―③― | トップページ | 大企業の社長の高給取りに驚く »