2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 相撲協会の野球賭博 | トップページ | 直しと治しが続く―不思議 »

2010年6月21日 (月)

運がなかった対オランダ戦

 19日(土)日本時間、20時30分キックオフのサッカー対オランダ戦を見た。ボールの支配は断然オランダであったが、シュートの数は日本が勝っていた。ということは、少ないチャンスを攻撃に結び付けていたということになる。

 オランダのパス回しは本当に素晴らしい。私と同様サッカーにはど素人の妻も「オランダのパスは上手ねえ。」と感心していた。

 前半戦は、本当によく戦った。後半戦に入って早い時間帯に隙をつかれてオランダに得点を許した。実に残念であった。

 その後は、日本も幾つかのシュートを放ったが残念ながら入らなかった。いちばん残念であったのは、終わり真近にFW岡崎が放ったシュートである。もう少し低めにコントロールできていれば得点でき、同点となったのに・・・・と悔やまれる。

 技術がないのか?それとも運か?岡崎は技術だと反省しているようだが、私は、運だと思った。

 サッカーでも、いろいろと験を担いだり神頼みをしたりしている。TVによると、愛知県でもサッカーにご利益がある神社に多くのファンがお願いのお参りをしたそうだ。日本中ではかなりの神社やお寺に必勝のお参りがあったことだろう。しかしながら、ご利益がなかった。

 神様への祈りが届かなかったのか、それともお賽銭が足りなかったのか?私は、そのいずれでもないと思う。選手たちは一生懸命にやり、優勝候補といわれるオランダと互角に戦った。勝てなかったのは運がなかったのだ。

 新聞やTVなどのマスコミも、善戦とか惜敗とか言っている。予想以上に頑張ったのは誰の眼にも明らかである。せめて同点にできなかったのが悔やまれるが運がなかったのだ。

 次の対デンマーク戦には、是非、運も味方につけて勝ってほしい。

« 相撲協会の野球賭博 | トップページ | 直しと治しが続く―不思議 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運がなかった対オランダ戦:

« 相撲協会の野球賭博 | トップページ | 直しと治しが続く―不思議 »