2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 運がなかった対オランダ戦 | トップページ | 誰よりも詳しい白内障の手術体験記―①― »

2010年6月22日 (火)

直しと治しが続く―不思議

 今月は、直すことと治すことが次々に起きる。

 直すことは、先ず、大口が自動車。前にも書いたことがあるが、和食レストランの駐車場で車を出すとき、死角に岩が置いてあって、左前のライトの辺りを傷つけた。見積もりを取ってみたら、概算で6万円ほどかかるということであったので、そのまま乗ることにした。そのうち今度は、こともあろうに自宅の車庫入れで左ドアをこすってしまった。それも6万ぐらいかかると言うので、直さずに乗っていた。

 ところが、今度は、息子がレストランの駐車場で車の後部を破損してしまった。直さないわけには行かないので、いっそのこと全部を直すことにした。きれいになったのはよいが、25万円もかかった。

 次は、洗面台の排水パイプが突然外れて水びたしになってしまった。メーカーを呼んで調べてもらったら、パイプの合うのがあれば直せるといった。数日後直せるが12000円ほど掛かると言ってきた。直さないわけにはいかないので、修理を頼んだ。

 そしたら、冷蔵庫がおかしくなった。買ってから9年になるのだが、急に冷凍庫の冷えが悪くなった。仕方がないのでメーカーに電話をし修理を依頼した。

 今度は、トイレのトイレットペーパーホルダーが脱落した。それも替えなければならない。

 治す方は、先日書いた、白内障の手術と変形脊椎症である。脊椎症は、毎日整形外科に通って治療を受けている。白内障はもうすぐ手術をしなければならない。  先日歯医者に点検に行ったら、小さな虫歯の初期が見つかったが、これは簡単な処置で済んだ。

 飛行機事故でも、一つ起きると、続いてどこかで起きることがよくある。それと私の場合は違うのだが、何かが続いて起きるということは経験することである。それがおめでたいことならよいのだが、悪いことは困る。

 大相撲の不祥事も、その類の連鎖であろうか?この辺りで根絶してもらいたいものだ。

 

« 運がなかった対オランダ戦 | トップページ | 誰よりも詳しい白内障の手術体験記―①― »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 直しと治しが続く―不思議:

« 運がなかった対オランダ戦 | トップページ | 誰よりも詳しい白内障の手術体験記―①― »