2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« お上りさん、東京へ行く―秋葉原、新宿― | トップページ | お上りさん、東京へ行く―調布、深大寺― »

2010年5月10日 (月)

割り込み―片岡鶴太郎展―

 Hさんが、「片岡鶴太郎展の券が余っているから見に行けるのなら上げる」とmailをくれた。鶴太郎の絵は以前に見たことがあるが、見てみたいと思ったのでもらうことにした。

 9日に星が丘三越で待ち合わせをして見ることになった。日曜日は百貨店は9時半ぐらいに開くのではと思い出かけた。着いたらまだ閉まっていた。暫くして中の入り口までは入れてくれた。10字開店なので暫くお待ちくださいという札がかかっていた。仕方がないので持っていった久保田競著の「もっとバカが治る」という本を読みながら待った。

 10時ごろHさんが友だちのYさんと来た。10時きっかりに開店であった。すぐに8階の展覧会場へ行ったらもうたくさんの人が来ていた。

 会場に入ると、眼に入ったのは、淡い赤色を使って描いた花の絵であった。朝顔、椿など幾つかの花を黄土色の紙に描いてあった。以前見た鶴太郎の絵とは全く違う絵であった。淡くて見る人が癒されるような色使いであった。ところどころに良寛の言葉を書いた書の小品もあった。

 眼をひいたのは、「椿」という漢字を赤い色で書いた書であった。壁一面に色紙ぐらいの大きさの作品がいっぱい掲示してあった。なかなか趣のある字であった。

 中には屏風に描いた絵もあった。大きな円い円の紙に朝顔や桔梗などが描いてあった。素敵な屏風で、Hさんが「欲しいわ。」と言っていた。

 ふぐなどの魚の絵もたくさんあった。Hさんは「ふくの絵が多いわね。」と言っていた。中に神楽坂で食べた「金華鯖」があったので、こういう鯖なのかと思った。

 伊万里焼の陶器に淡い花を描いた陶器がいろいろあった。よい色合いに仕上がっていた。ガラスの器もあり、どこかの女性が、「器用なのね。」と感心していた。

 これまで見た鶴太郎氏の絵とは画風が変わっていて進化していると感じた。それと色遣いといい筆遣いといい、ソフトな美しさを狙っているようであった。

 持っていった本によると、「美しいものや絵画を見ると脳のためによいということが分かってきた」と書いてあったので、今日は、片岡鶴太郎展を見たので私の脳も活性化されただろうと思った。

展覧会を見た後、テラスへ行きMA MAISONというCAFE レストランでコーヒーとケーキをとった。コーヒーは鉄瓶に入っていて、お代わりができるようになっていた。ケーキの味もよかった。

 開店間もなくで客が少ないので、私は、ポケットに入れていた手品を見せたら、ウエートレスの可愛い女の子は眼を丸くして驚いていた。Yさんは大変冷静で、手品の仕組みを探ろうとしていた。

 Hさんが、やり方を教えて欲しいということで、スポンジを持って来ていた。それで基本のやり方を教えた。

 金を払うときに、レジの可愛い女の子に手品を見せたら、その子も眼を円くして驚いていた。Hさんが、「どこででも手品を見せるんだから。」と言ったので、「可愛い女の子が驚いてくれるとやりがいがある。」と言ったら笑っていた。

 Yさんは、書道を長くやっているのだそうで、書道の話を聞けばよかったと後悔した。2人は動物園に行くというので東山で別れた。

 おいしいコーヒーを飲んだり、おいしいケーキを食べたり、素敵な人と会話を楽しむことは脳のために大変よいと書いてあるので、今日は脳にシナプスが増えただろうと思った。

Cimg0204

Cimg0207

« お上りさん、東京へ行く―秋葉原、新宿― | トップページ | お上りさん、東京へ行く―調布、深大寺― »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

デパートの狙いは、展覧会を見に来たついでに何か買ってもらうことでしょうが、今回はハズレでしたね。動物園もたまにはいいものでしょう。一回りすると疲れることは確かです。でも、脳は活性化されていますよ。

片岡鶴太郎の絵には日本人の心を良くとらえてあり何か癒されますね。本当に良い絵画なのか芸能人が描くから人気が有るだけなのかは観る人の心に訴えてくるのでしょうね。何時ものことですがデパートに絵画を見に行きついでに洋服や地下の食料品の店で買い物をするのですが、今日は余り来ない星が丘三越だから久しぶりの東山動物園めぐりをして友人と楽しいひと時を持ちましたが大変疲れました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 割り込み―片岡鶴太郎展―:

« お上りさん、東京へ行く―秋葉原、新宿― | トップページ | お上りさん、東京へ行く―調布、深大寺― »