2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 高校の同期同窓会を再開するべく準備中 | トップページ | スシローの消費者高感度は第3位だと言うが・・・・ »

2010年4月 6日 (火)

庭の楠の枝を伐採した

 2ヶ月ほど前に、隣家の奥さんが来宅して、「お宅の木から黒い糞のようなものが落ちてくるので、白い洗濯物を干すのに困るから枝を切って欲しい。」と言った。これまで一度もそういうことはなかったし、第一我が家の洗濯物は、その木の真下に干しているが、一度も落下物が付着したことはない。また、木の枝は隣に出ないようにいつも気をつけて切っているのだ。 腑に落ちないが、それでもかなり伸びてはいるし切らなくてはと思った。

 一週間ほど前に、トラックで来た男が、庭の大きな楠と金木犀を指差して、「三重県から来たが、庭の木を切らせてくれないか。」と言った。いくらぐらいでやるか聞いたら、「後片付けもあるから3万円ぐらい。」と言った。以前にもそういう回って歩く男が来て、庭の木の剪定をやらせたことがあったが、結果はよくなかったので今回は断った。

 昨年秋に、に知り合いのKさんがチェンソーを買って、非常によく切れるといっていたので、一昨日、カーマに行き、チェンソーを見た。一番安いのが4980円で、次が7890円で、一番高いのが、10890円であった。それで一番安いのを買った。

 昨日、それを使って、まず楠を切ることにした。最初、庭に転がっていた木を練習のために切ってみたが、チェンソーが踊って怖くてたまらなかった。少し、慣れたのでいよいよ楠に挑戦した。はしごを掛けて物置に上りおそるおそる近くの枝を切った。直径5cmくらいの枝は簡単に切れた。楠は柔らかいのだ。それで直径10cm以上の太い部分なども切っていった。いとも簡単に切れた。さすがは道具だと思った。

 庭に切り落とした枝を集め、太いところを長さ30cmぐらいに切り分けた。面白いように切れた。

 もみじも少し切り落としたが、こちらは楠より木が硬かった。

 大きな木なので楠だけで大量のゴミになった。それで金木犀は後日切ることにした。

 切ってみて感じたのだが、これだけの大樹の枝を落としたことはよいが、二酸化炭素を吸収し、酸素を吐き出させる量はいったいどれだけ減ったのだろうかと心配になった。何立方メートルなのだろう。二酸化炭素を減らすには逆効果だとちょと恥じた。

 左が枝を切った楠、右が金木犀。楠は金木犀と同じぐらい高かった。

Cimg0022

« 高校の同期同窓会を再開するべく準備中 | トップページ | スシローの消費者高感度は第3位だと言うが・・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

我が家の庭はちっぽけなものですが、いくつかの木は鳥が糞をして自然に生えたみたいです。たまに専門の人を頼んでやってもらい、後は我流で自分でやっています。人に頼んだら結構高いです。シルバーセンターでも金がかかりますよね?元気なうちは自分で・・・と思っています。

庭の木には本当に困る時がありますね。我が家も義母が植木職人の決まった人に来てもらい年に1回は手入れしてもらっておりましたが、私達の二人だけの生活になり手入れにもお金がかかりますから主人がシルバーセンターの方に登録してそちらの方から年に1度周りに迷惑のかからないように木の手入れをしてもらっていますよ。1時間いくらの勘定ですが後の木の始末が大変ですから始めは可燃ごみで20袋ほど出したりしてふらふらになりこの頃はシルバーセンターの車が1台いくらで持っていってくれますので、腰を痛めなくて済むようになりました。65歳以上の家庭では優先して登録さえしておけば4回ほど名古屋市では利用できます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 庭の楠の枝を伐採した:

« 高校の同期同窓会を再開するべく準備中 | トップページ | スシローの消費者高感度は第3位だと言うが・・・・ »