2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 死後の世界はどうなるのか―五木寛之 | トップページ | 「進化しすぎた脳」から―脳の地図は変わる― »

2010年3月 4日 (木)

第2回市民会館シニアコーラス交歓発表会

 3月3日、ひな祭りの日に、名古屋市金山にある中京大学プルニエホールで、第2回の市民会館シニアコーラス交歓発表会が開かれた。

 昨年が第1回で、シルバーコーラスとつけたネーミングが不評だったので、シニアコーラスに改称したのだそうだ。

 今年は19グループが参加し、昨年より3グループ増えた。それで13時半から始まったのに17時過ぎまでかかった。それでも一団体の出演時間は7から8分であった。中には図々しくもう少し長くやったグループもあったのだろう。それで時間が押したのだ。

 私たち昭和男爵コーラスは、4番目だったので、朝8時45分に現地集合であった。ヨーグルトとスナックと伊予柑だけ食べて出かけた。

 控え室は昨年と同じ9号室であった。

 9時半ごろに、舞台稽古が7分間あり、動きの位置取りを中心に動きの確認をした。プルニエホールの舞台は2度目なのに舞台裏など昨年のことはすっかり忘れていた。

 その後、すぐに隣の音楽プラザで練習をした。20分ぐらいであった。係りが時間を厳しくチェックしていた。

 10時20分ぐらいに終わってそれから12時半の集合まで2時間余りもあった。私はブランチを食べるのに丁度よいと思ってアスナルに出かけたが、どこも11時からであった。それで金山駅のレストラン街に行ったが、そこも11時からであった、暇つぶしをして嘉文に入った。選べるランチというのを食べた。刺身とカサゴの煮つけを選んだ。おいしかった。

 ゆっくりと戻ってもまだ12時前であった。控え室は暑くてみんなほてった顔をしていた。

 12時半から、隣のオーロラホールのホールで練習をした。練習をしているのは我々だけであった。

 13時50分に係りが呼びに来て舞台裏に入った。混声合唱ルーチェが歌っているのが聞こえた。なかなか上手であった。

 次が我々で、いよいよ本番が来たと思うと緊張をした。アナウンスがあり、Hさんを先頭に舞台に上がっていった。指揮者は、我々をリラックスさせようとニコニコしていた。ブラームスの子守歌から始まった。夢中で歌ったが、舞台の上では隣の人の声が余り聞こえないので、まるで独唱をしている気分でちょっと不安を感じた

 ヴォカリーズは壇を下りて横一列になり動作をつけて歌ったが、歌がおろそかになり難しかった。でも、2番に入ったら手拍子が起きたので嬉しかった。

 出船、遥かな友へを歌ってあっという間の7分間であった。

 自分たちの歌を聞くことができないので、歌いぶりがどうであったかはわからない。懸命に歌ったつもりだが緊張感はまぬがれなかった。ミスもおかした。しかし、大きな舞台に立って人前で歌う緊張感はまた別の意味でよいものである。私は今回で第九で2回、交歓発表会で2回、計4回の舞台経験をした。いずれも高齢になってからのことである。

 シニアコーラス交歓会には西三河銀の鈴合唱団のように100名もの団員のところもあった。また、東海市からは、大きな合唱団が二つも参加していた。東海市は文化度が高いのだろうと思った。

 終わってみれば、アッという間のことであったが、市民会館のスタッフの力添えによってスムーズに楽しく歌うことができて感謝している。

 Cimg0011

« 死後の世界はどうなるのか―五木寛之 | トップページ | 「進化しすぎた脳」から―脳の地図は変わる― »

教育・生涯学習」カテゴリの記事

コメント

聴きにきて下さり有難うございました。Mさんも一緒で嬉しいです。
 一番のグループは私たちと同じ昭和生涯センターで練習をしています。歴史が古いのですが、参加は今回が初めてです。
 ボカリーズはピアニストの演奏がよかったのだと思います。動作は愛嬌でした。

楽しみにしていたのでマジック仲間のMさんと出かけました。開演が午後1時半からなので二人で早めに並びましたので前列左の前から4列目に座れ、出演者の顔も指揮者もピアニストもよく見えましたので大変にいい場所に座れたと嬉しかったです。最初の女性コーラスは最初であがってしまっているのか声が自身がなくて一人の人が張り切って歌っているようでした。4番目のららさんのグループは男爵らしくとてもダンディでした。2曲目のコーラスは動きがあって会場からも手拍子が起こり大変盛り上がり楽しかったです。楽しいひと時でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第2回市民会館シニアコーラス交歓発表会:

« 死後の世界はどうなるのか―五木寛之 | トップページ | 「進化しすぎた脳」から―脳の地図は変わる― »