2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« オーストラリア・シドニー旅行―⑫― | トップページ | オーストラリア・シドニー旅行―⑭― »

2010年1月17日 (日)

オーストラリア・シドニー旅行―⑬―

(13)ハーバー見物とハプニングパーティ

 ダーウィン・ハーバーをトレインで一回りしたので、今度は水上タクシーでオペラハウスまで行くことにしました。一人15$でした。しばらく待っていると黄色い水上タクシーが来ました。ダーウィン・ハーバーからシドニー・ハーバーに向かって快速で走りました。途中に黒い潜水艦と駆逐艦が停泊していました。前方に橋が見えて来ました。運転手はタクシーを止Cimg0324めて写真を撮りやすくしてくれました。橋の欄干に人が上っていました。運転手は「飛び込んで死ぬ奴がいるが、飛び込むのは4$だが、その後始末に金がかかる。」と話して笑わせていました。橋の向こうにオペラハウスの特徴ある屋根が見えました。

 オペラハウスの近くに来るとタクシーを回して写真を撮りやすくしてくれました。オペラハウスの岸壁に着きました。上がった左手が植物園だと言っていました。休日だけど見物に来た人がたくさんいました。前回来たときはハウスのレスCimg0327トランで昼食を食べたことを思い出しました。トイレに行きたくなったので、ハウスの中のトイレに行きました。休日でも中の見学はできるようでした。

 オペラハウスの近くからダウンタウンに行くシャトルバスが出ていましたので、それに乗りました。再び中心街に戻りました。私はチョコレートの店にもう一度行きたかったので、まずその店に行きました。チョコレートを買ったらCimg0334、エマが「試食のチョコレートを貰って。」と言ったので、1個200円ほどのを貰ってあげました。

 店を出ると、その前にオーストラリアの革製品などの店がありました。そこに行ってベルトを探しました。バスケットの中に見切り品が入っていて、120$のが60$になっていました。エマが勧めたのでそれを買いました。本物のオーストラリア製品でした。

 それから通りを歩いて、シドニーで一番古い、高級品を売るモルに行きました。中にはシドニーで最大だというクリスマスツリーが飾られていました。きらきら光っているのは全部クリスタルだということでした。その前で写真を撮りました。

 5時半ごろダウンタウンを出て、途中スーパーに寄って食品を買い、それからダニエルの両親が泊まっているホテルに行きました。両親は車で8時間もかかるところから会いに来てくれたのです。あいにく両親は出かけていませんでした。

 家に帰ると、ダニエルが郵便物を開いたあとエマに怒り始めました。口論が続き、エマは「夕食は作らない。」と言いました。その様子が隣に聞こえたとみえて隣家のサンディがやってきました。パーティをやって残り物があるからもってこようかと言いました。

 サンディが帰ったら、2人は仲直りをしました。父親の張さんは、「2人のことだから我々は口出しをしないの。」と言いました。2人はケロッとして元に戻りました。

 結局、私たちは隣家に行きました。パーティをやっていて3組の夫婦が招かれていました。皆さんと挨拶をして、ダイニングで食事を頂きました。サラダやハムや煮物などがありきれいで味もよかったです。私が「ビールが飲みたい。」エマに言ったらその家の冷蔵庫からビールをだしてくれました。私はエマに「家にハイネッケンがあるからそれを持ってきなさい。」と言いました。出してもらったビールを飲みました。あとでエマは家からビールを持ってきました。

 食事をしていると、ダニエルの両親が到着しました。両親もサンディの家で食事をすることになりました。

 食事のデザートに、きれいに作ったケーキとアイスクリームが出ました。サンディたちの手作りだそうです。とてもおいしかったので、「貴女はすばらしいパティシエですね。」とサンディに言いました。

 食事が終わったら、マジックを見せることになりました。エマがプロのマジシャンだと大袈裟に言いました。始める前に、少し話をしました。自分はアマチュCimg0345アのマジシャンであること、中にはアフリカンアメリカンの婦人もいたので、非常に国際的な集まりであること、マジックを見てもらうのは嬉しいこと、世界平和や人びとの幸せを願うことなどでした。

 前夜にエマたちに見せたマジックを披露しました。大変喜んでくれました。後で聞いたら、みなさんは目の前でマジックを見るのが初めてだったそうです。

 エマが食事を作らないと言ったことからのハプニングでしたが、Happy endでよかったと思いました。このような素敵な隣人がいて、素晴らしい自然環境の中で生活してどんなに幸せだろうと思いました。 

 家に戻ったら遅かったので、次の朝早い私は、ダニエルの両親とは殆ど話をせずに床につきました。

   

« オーストラリア・シドニー旅行―⑫― | トップページ | オーストラリア・シドニー旅行―⑭― »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

I am very glad to hear that they enjoyed may magic. I have other magics so I bring them next time. I also din't know he is 70 years. He must be very happy.

Sandy and his friends would love to see you again!! They really enjoyed your magic tricks! By the way, that funny guy with a Maltese wife (who also played his own magic trick), i found out from Sandy that he is 70 YEARS OLD!!!!!!!! He looks like he's 50 years old!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリア・シドニー旅行―⑬―:

« オーストラリア・シドニー旅行―⑫― | トップページ | オーストラリア・シドニー旅行―⑭― »