2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 教師を悩ませる子供と親 | トップページ | 低価格スーパー »

2010年1月28日 (木)

シクラメンの鉢をまた買った

 小椋佳の”シクラメンの香り”は一頃大ヒットし、美空ひばりもカバアーしている。あの歌に出てくるシクラメンは、真綿色である。多分一鉢数千円もする大きな白い花びらのものであろう。

 私は、以前にも書いたと思うのだが、シクラメンが好きで、毎年11月になると、シクラメンの鉢を買う。そして翌年の4月の終わりから5月まで咲かせるのである。 シクラメンは半年間は花が次々に咲いてくれるので嬉しい。

 私が買うCimg0049シクラメンは、ここ数年は安いものにしている。昨年買ったのは、赤が380円であった。でも、あまりよくないので、その後西友で560円の白を買った。こちらは花びらが小さいが花の数が多い。

 一昨年、350円で買った鉢は最初は値段に相応していたが、日が経つにつれてどんどんとよくなり、最盛期には一鉢3000円のものにひけをとらないくらいになった。しかも、5月に入ってもまだ咲いていた。

 今シーズンも同じ店でかったのだったが、残念ながらあまりよくない。

 今日、行きつけの八百屋に行ったら、カバーをつけたシクラメンを売っていた。傍には売れ残りのくたびれたシクラメンの鉢があり、350円の値札が付いていたが、カバーつきの方には値札がなかった。親爺に幾らで売るのかと尋ねたら、みんな350円だと言った。多分、どこかの店の売れ残りを仕入れてきたのかも知れないと思ったが、それで買うことにした。今は1月末だから、4月終わりまで3ヶ月楽しめればよいと考えたのだ。

 買ってきて妻に見せたら、「蕾がないじゃない?蕾が多いのを買ってこなければ!」と言った。花の色と形に気をとられえて蕾のチェックを忘れていたのだった。これから蕾を付けてくれるかどうか・・・・。

 新しく買ったシクラメン

Cimg0047

« 教師を悩ませる子供と親 | トップページ | 低価格スーパー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シクラメンの鉢をまた買った:

« 教師を悩ませる子供と親 | トップページ | 低価格スーパー »