2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ベトナムとアンコールワット旅行―③― | トップページ | ベトナムとアンコールワット旅行―⑤― »

2009年12月25日 (金)

ベトナムとアンコールワット旅行―④―

F.ガイドの説明(ベトナム豆知識)

次へ向かう途中有料の高速道路に入ったが、日本の普通の道路とかわらなくてガードレールがあるだけ。昨年日本の援助でできたばかりだというが何かしらくすんだ感じである。驚いたことに、高速道路でも牛や自転車や歩行者もいるのだ。

ベトナムについていろいろな説明があった。ガソリンが35/Lもするのでベトナム人の収入からは大変高価である。医療は有料で、ベトナムには健康保険があっても入らない人が多い。医者は、公務員だが金を払う人を優先して診るので金を出して診てもらうのだそうだ。一ヶ月の収入は、都市では8000円ぐらいの(後のホーチミンのウェイさんの説明を参照)人が多く、農村では、自給自足の生活をしている。気候が暖かいので米の二期作ができ、他に野菜やジャガイモなどを栽培しているし、果物も年に2回とれるという。

ベトナムは資源が豊かで、そのために昔から中国、フランス、日本、アメリカなど他国に侵略をされた歴史を持つ。日本の援助で石油、石炭が採掘でき、石炭の採掘には、日本で使われなくなった採掘器械が持ち込まれ、炭鉱技術者や労働者が技術援助に来ているのだそうだ。他に宝石のルビー、サファイア、ヒスイなどが採れ、中でも、スタールビーは世界一である。また、シルクの生産も多く、アオダイなどに加工されている。

枯葉剤による犠牲者は何代も続くし、健康な子供を欲しくて子供を生むがみんな奇形児になるので発狂する人や自殺する人たちもたくさんいると言う。中部のある村では、40%が奇形であるとも。そういう可哀想な人たちを救う施設はまだ足りなくて40倍もの競争率だと言う。

G.ヒューマニタリアン・センター

ベトナム戦争でアメリカが撒いた枯葉剤の被害者に仕事を与える施設、福祉コミュニティセンターでトイレ休憩。枯葉剤犠牲者のコミュニティセンター(Humanitarian Center)では刺繍や陶磁器作り、木工などで人々が作業をしていた。バーさんは可哀想に思っても現金は与えないで欲しいと忠告した。ベトナムの風景や人物を描いたベトナム刺繍の絵は実に見事であった。小さな刺繍画を1枚と他に石を彫刻した蛙(コップ)を2個と象嵌のリング入れを3個買った。こういう施設に立ち寄ったのはよいことだと思った。

H.豚がかわいそう

道路脇の家々には家の前に木が植えられていたが、葉の広いバンという木が多かった。日陰ができるからだと言う。

途中、豚を運ぶのをよく見かけたが、傑作は、バイクの二台に豚を3頭仰向けにして括りつけているのであった。豚こそ哀れである。自動車にぎゅうぎゅうづめにされて運ばれる豚の方がまだましに見えた。

I.ハロン湾クルーズ

ハロン湾が近くなると奇岩の小山が見え始めた。ハロン湾の船乗り場には観光船が所狭しと繋留されていた。すぐ出発できるように一番はしにあった船に乗った。一階は25席ぐらいのテーブル席があり屋外は展望台になっていた。ハロン湾の奇岩が見えるところに着くまでは昼食を摂るのだ。海老や蟹、イカ、アサリ、青菜、海草スープ、ご飯などの海鮮料理であった。蟹は美味しいが小さくて殆ど身がなかったし、海老も小エビであった。もちろんベトナム料理には欠かせないホウも出た。船内では、真珠などの物品を販売に来た。ピンクの真珠ネックレスが80ドル、腕輪が2000円だった。ガイドのバーさんがライターで焙って本物だと言った。石神夫人はネックレスを買いたいと言ったが持ち合わせがなかったので、小島さんが1万円を貸してあげ8000円で買った。

 ハロン湾の奇岩の風景は、海の桂林と呼ばれるそうで、奇岩の島々が続いていた。何でも2000余りの島があって全部見るには2日以上かかるのだとか。その入り口付近には、水上生活者の集落があり学校も浮かんでいた。天気は大変によく波は穏やかで快適のクルーズであった。みんなは写真を撮るのを楽しんだ。ちなみにハロンとは漢字で下龍(中国語ではシアロン)と書く。フランスに征服されるまではベトナムでは漢字を使っていたので漢字の表現が残っているのだ。ベトナム語は漢字で表せると言う。それでベトナム語を漢越語というそうだ。漢字を禁止したのはフランスのご都合主義の統治政策のためである。もし、漢字が使われていたら日本人にはわかりやすかったであろう。

« ベトナムとアンコールワット旅行―③― | トップページ | ベトナムとアンコールワット旅行―⑤― »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムとアンコールワット旅行―④―:

« ベトナムとアンコールワット旅行―③― | トップページ | ベトナムとアンコールワット旅行―⑤― »