2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 欲望と苦と解決法―私の仏教観⑥― | トップページ | 悟りと心の平安―私の仏教観⑧― »

2009年10月 6日 (火)

釈迦の眼から見ると―私の仏教観⑦―

 釈迦入滅は紀元前383年とされ、入滅後割合早い時期に500人の僧が集まって第1回の結集が行われた。

 第2回の結集は入滅後100年余たって700人の僧を集めて行われた。このとき上座部と大乗部の2派に分かれたと言われる。

 更に100年余を経て約20の部派に分かれた。

 そして、紀元前後に大乗仏教が興ったと言われる。この大乗仏教が中国・朝鮮を経て日本に到達したのだ。従って日本に現存する仏教諸宗派は大乗仏教に括られる。

 仏教が伝来したのは600年ごろで、聖徳太子などの帰依を受けた。奈良時代の東大寺(華厳宗)は鎮護国家の寺として建てられ、大仏が建造されたが、これは周知の通り、聖武天皇によってであった。

 このように仏教は天皇や貴族の信仰により、巨大な力を持つに至った。

 初めは民衆宗教として空也や一遍上人や親鸞などによって興された念仏仏教もいつの間にか権力と結びついてその庇護の下に巨大化した。

 平安時代に空海によってもたらされた真言宗や最澄によって開かれた天台宗も同じように祈祷などをして天皇や貴族と結びつき巨大になった。

 鎌倉時代に伝わった禅宗も例外ではない。新しい権力を持つようになった武士と結びついて大きな力を持つようになった。

 江戸時代になると、徳川幕府の人民支配の組織として、檀家制度が作られ、人々は全てどこかの寺院の檀家させられ、それが今日まで続いている。この間、仏教はどの宗派も形骸化し、つまるところは「葬式仏教」「金儲け仏教」となってしまった。

 私の母は、2年前に亡くなったが、曹洞宗の寺から葬儀料として100万円を請求された。戒名は信女であるのにだ。10年余り前に亡くなった父のときは、同じ寺から70万円を請求された。確実に値上げしたのだ。

 私の知人は臨済宗であるが、最近葬儀をして、やはり同じような高額の金を堂々と請求されたと言っている。

 この他に7日毎の法事に2万円から3万円、年の法事になると6万円以上が請求される。たった30分の読経代としてである。

 お施餓鬼が1万円、墓の読経料が2000円である。しかも、早口で4分ほど読むだけである。

 このような儲け主義の日本仏教の実態をもし釈迦が見られたとしたら何と言われることであろう。言下に「仏教ではない!!」と唾棄されるであろう。

 釈迦は、出家修行の身の依るべき四つの法、即ち「四依」を定められたと言う。四依とは、

①常乞食   ②糞掃衣  ③樹下座   ④陳棄薬

であり、これが僧の守るべき基準で欲望充足の最小限度を示したものであった。

 もともと、お布施が基本であり、金品の額とか量を決めて要求することは法度であったのだ。それがいつの間にか権力や金力とと結びついて壮大な力を持つようになり、救うべき民衆からも金品を要求して己の懐を豊かにし欲望の鬼と化し堕落してしまった。

 こんな話がある。京都のさる名刹の高僧は70歳を過ぎるまで女性を知らなかった。ところがあるときトルコ風呂に誘われて出かけた。そして女性のサービスに現を抜かし、とりこになってしまった。それからは頻繁に通って、「この世の極楽じゃ。」と言っていたそうである。

 京都嵐山の有名な天竜寺の高僧(名前を忘れた)は、祇園の芸妓げいこ遊びで有名であった。高僧と言われる人も皆破戒坊主なのである。

 奈良薬師寺の橋本凝胤という有名な高僧がいたが、私が、父の代理で勲章を貰いに行ったときに同じテーブルで食事を頂いたことがあった。彼は確か勲3等瑞宝章であったと思うのだが、そんな勲章を喜んで受けていたのでがっかりしたことを覚えている。

 「葷酒山門に入るを禁ず」と門脇の石碑に記しながら、「般若湯」と称して恥もなく寺内で酒を飲むことをする。大体、どの宗派でも坊主には酒飲みが多いと言われる。

 父の葬式のとき、庵主も来たが、法事で出した会席料理をお土産にもくれと要求したので驚いたことがある。

 京都に鈴虫を飼って有名な「鈴虫寺」があるが、そこでは”幸福のお守り”を売っていて、nonnoなどで知った若い女性に人気があった。その和尚に「お守りはどうするのか?」と尋ねたら、「古いのを返して新しいのにすればご利益がある。」と言った。そんなお札で幸せになる筈が無いからこれは詐欺である。

 このように坊主や寺の退廃振りをあげればきりがない。

 ひろさちや式に言えば、高僧といえども世間の物差しから離れられず、欲望の奴隷となっているのだ。

 これまでに書いた釈迦の教えを物差しとして見れは、何がおかしいのかが一目瞭然である。

 私が知る限りの宗教者で立派だと思うのは、良寛とシュバイツアーとマザーテレサぐらいである。

 

« 欲望と苦と解決法―私の仏教観⑥― | トップページ | 悟りと心の平安―私の仏教観⑧― »

宗教」カテゴリの記事

コメント

坊主が 金儲けに 走る理由は わかるかね お前には 分からないだろう 理由は お前にあるからだ 文句を言う前に 黙って布施をせよ 釈迦の眼? お前がそれを 自称するのは 増上慢 お前に釈迦が 分かるはずがないwww

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釈迦の眼から見ると―私の仏教観⑦―:

« 欲望と苦と解決法―私の仏教観⑥― | トップページ | 悟りと心の平安―私の仏教観⑧― »