« 尾張名古屋の職人展 | トップページ | リーマンブラザーズを買って巨額利益―バークレイズ証券 »

2009年9月20日 (日)

もし、地球に人間がいなかったら?

 地球上には、何百億年の年月を経て、バクテリアから哺乳類まで、数多くの動物や植物が存在するようになった。もちろん、中には恐竜や日本のトキのように絶滅した種も数多くあるが。

 かつて人間がいない時代があった訳だが、数百万年以前にサルから猿人が分かれて以来、人間は何故か知能を進化させてきたのだ。その過程で人間だけが高等な知能を持ち、他の野生生物とは全く違った文化というものを築き、地球を我が物のように支配してきた。

 そして今、地球の危機が叫ばれるようになった。二酸化炭素などを大量に排出して、オゾン層を破壊したり、地球の温暖化を招いたりしている。

 以前にも書いたが、今世紀中にも地球の大異変が到来すると警告する学者もいる。

 そこで思うのだが、「もし、地球に人間がいなかったらどうなっていたのか?」ということである。

 当然高等動物はサルの仲間である。しかし、サルは野生のままで生きている。自然の中で完全に調和して生きている。

 自然の中では互いに生命を維持し、種の保存をするために必要な営みだけが行われている。

 生命の維持のためにはエネルギーのもとを摂らなければならないが、それは”食物連鎖”の形で行われる。

 そこではライオンのような猛獣でも必要以上の獲物は捕らないと言われる。自分の生命が維持されればそれで十分なのだ。

 弱肉強食と言うが自然界ではそれは決して悪いことではない。お互いに他の生命に頼りながら共生をしているのだ。

 以前にアフリカのチョベ国立公園に行ったとき、ライオンがバッファローを捕獲して食べるのや倒れた象を食べているのを見た。

 象を食べていたライオンたちは腹がふくれるとそばでたむろしているだけであった。象の残りは他の動物の食糧にもなったのだ。

 ライオンもいつかは死ぬときが来るが、その肉はハイエナやハゲタカなどに食いつくされる。

 ホテルの庭には象の糞があちこちに転がっていたが、それは微生物の餌になり分解されたり、植物の栄養として取り込まれるのだ。

 人間のいない自然界では共存共栄である。

 二酸化炭素を大量に排出することや有害な化学物質を垂れ流して水や空気を汚染することもない。

 沖縄の珊瑚が死ぬことはないし、大洋はきれいな水を保って水中静物の生命を守っているはずだ。

 北極の氷が溶けて海水面が上昇することはないし、多分大陸で砂漠化が進むこともないであろう。

 アマゾンやインドネシアの熱帯雨林切り取られることもない。

 海の魚たちが大量に捕獲されることもないから、黒マグロや鯨やなどの数も自然のルールで保たれる。

 牛や豚など家畜が工場のような状態で人間に飼われ殺されることもない。

 おそらく地球上のエネルギーは一定の範囲内で保たれるはずだ。温暖化にもならなかった。

 もし、動物会議が開かれて人間が被告として裁判が行われたら人類は全員極刑を宣告されるに違いない。

 人間は何故もっと謙虚になれないのであろうか?利益を追求し欲ばかりをふくらませ、戦争を繰り返している。

 動物は戦争をしない。種族の争いもしない。共存している。

 人間は脳の働きが発達したために争いを避けられない存在になったのだ。

 自らを”高等”だと称しているが、他の動物から見れば、本当は”最下等”なのだ。

 

|

« 尾張名古屋の職人展 | トップページ | リーマンブラザーズを買って巨額利益―バークレイズ証券 »

エコロジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もし、地球に人間がいなかったら?:

« 尾張名古屋の職人展 | トップページ | リーマンブラザーズを買って巨額利益―バークレイズ証券 »