2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 毎日2件以上掛かってくる投資の勧誘電話 | トップページ | 今年の梨は不作? »

2009年8月25日 (火)

戦争は利益のために画策されるという

 「アメリカが隠し続ける金融危機の真実」のP.105には、次のような恐ろしいことがちらっと書いてある。

 「ブッシュ政権下で強い力を握ってきた軍産複合体は、イラク戦争の先にさらに大きいな戦争を起こし、戦争景気によって双子の赤字をうやむやにする戦略をとろうとした。私(ベンジャミン・フルフォード)が独自に入手した情報によると、軍産複合体の目指していた戦争のタイムスケジュールh2012年に設定されていた。まずは、イスラエル軍によるイランへの空爆を行い、中東に新たな火種を作り出した上で、EU,ロシア、中国を巻きこんだ第3次世界大戦になだれ込もうとするシナリオまで、用意されていたよだ。」

 イスラエルとイランの関係は常に険悪で、そのためにイランは核武装をするのだと思われる。

 ブッシュ政権を支えたネオコンはアメリカの新世界秩序、ニュー・ワールド・オーダーを目指していたという。

 冷戦が終わり、軍事予算が削減されて軍産複合体は儲けが少なくなり、影響力が弱まってしまうのを恐れた。それで

 「アメリカに対する新たな脅威を作りだすプランを練り、その資金力と政府へとつながる人脈を駆使して、数々の工作を行っていった。

 その一つがイスラム社会との対立の構図だ。イスラム過激派の脅威を煽り、裏ではテロ組織派の資金提供なども行いながら現在のテロ戦争を作り上げて行く。」(P.111)

 オサマ・ビン・ラディンはもともとCIAの工作員であったという。

 こうなると、裏ではどんな恐ろしいことが画策されているのかと思う。一般市民が何も知らないところでその運命が決められているのだ。

 「軍産複合体に動かされたブッシュ政権は、日本の税収をはるかに超える6000億ドルもの軍事予算を注ぎ込み、核兵器、生物兵器を含む新兵器の開発やハイテク化に邁進した。いうまでもなくこの膨大な予算の大半は軍需産業に流れ込んでいく。」(P.112)

 昔から”死の商人”ということが言われたが、戦争という最悪の手段を金儲けにつなげようという貪欲な人たちがいるのだ。

 この本によると、あのイラク攻撃も今では嘘であったという言いがかりによって開始され、イラクを悲惨な状態に陥れた。フセインにより秩序ある統治がされていた独立国家を破壊したことも述べられている。イラクを手に入れたのも石油の利権が本当の目的であったのだ。

 オバマ大統領が唯一軍隊の増派をしてでも守り抜くといっているアフガンについても本当は石油会社の利権がからんでいることを書いている。

 要するに、みんな一部の大資本家の金儲けのためなのだ。金を儲けるためにはどんなことでも平気だやるということなのだ。

 その資本家についてもこの本は名前を挙げて述べている。

 

« 毎日2件以上掛かってくる投資の勧誘電話 | トップページ | 今年の梨は不作? »

戦争と平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦争は利益のために画策されるという:

« 毎日2件以上掛かってくる投資の勧誘電話 | トップページ | 今年の梨は不作? »