2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 進学率が親の年収で格差 | トップページ | 朗読劇「月光の夏」を観て »

2009年8月 3日 (月)

インド・ネパール料理店でランチ

 8月1日(土)に、国際プラザ日本語教室(土曜午前の部)の有志でインド・ネパール料理店に出かけた。

 学習者の中にネパール人がいてご主人がレストランをやっているというので、夏休みを利用して行こうということになったのだ。

 八事のジャスコに集まって、そこから歩いて店まで行った。生憎の雨で歩きにくかった。店は隼人池の向かい側にあり、カマナという。

 店に入ると日本人の若いカップルが先客としていた。

 ハンサムな日本語の上手な人が出迎えてくれた。聞くと学習者のご主人だということであった。

 店には同じネパールから来た高校生のヴィーナさんがもう来ていた。彼女はとてもきれいで人懐こい。まだ日本語は余り話せないが英語は出来るので英語を交えて話した。

 ランチはAとBがあった。Aは780円でナンはお代わりができるというのでそれにした。カレーはポークとチキンから選べる。インドと同じでビーフはない。サラダと飲み物もついていた。

 ナンが運ばれてきたのを見て驚いた。これまで見た事がないほど大きいのだ。食べてみるとちょっと甘みがあってとてもおいしい。

 カレーは辛さで5種類の中から選べるのだが私たちは普通のにした。韓国人のキョーコさんやヴィーナはさすがに辛いのを選んでいた。カレーもナンをつけて食べるととてもいい味であった。

 チーズを主体にしたものをサービスで出してくれたがこれがまたおいしかった。

 ナンはお代わりできるとは言ってもみんな全部が食べ切れなくてお持ち帰りに包んで貰っていた。

 食べていると昼なので客が入ってきてほぼ埋まった。また食べに行きたいレストランである。

Cimg0022

« 進学率が親の年収で格差 | トップページ | 朗読劇「月光の夏」を観て »

食・食事・食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インド・ネパール料理店でランチ:

« 進学率が親の年収で格差 | トップページ | 朗読劇「月光の夏」を観て »