2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 憧れのイタリア旅行―⑪― | トップページ | 憧れのイタリア旅行―⑬― »

2009年6月 7日 (日)

憧れのイタリア旅行―⑫―

26)プラトーの朝

 520分に起床。この夜は一番よく眠れた。トイレに行くと黒い便が出た。考えたら昨日食べたイカ墨だと分かった。毎朝、シャワーを浴び洗髪をするのだが、この朝は初めに茶色い水が出た。朝食は、645分からなので少し早めに部屋を出た。

フロントに男のレセプショニストがいたのでマジックを見せた。喜んでいた。45分になったのでレストランが開いた。部屋などはよくないが、朝食はこれまでのホテルより品数が多かった。ハム、チーズ、クロワッサン、ケーキ、ヨーグルド、缶詰の桃と洋梨を食べた。

食事のとき、一緒のテーブルの人たちがこのホテルは最悪だとこぼしていた。こんな所に2連泊は嫌だとも言っていた。同感である。

ある人は、「JTBの方が土産物店に行く回数が少ない。」と話した。私は、JTBは使ったことが無いので分からない。トラピックスは安い分土産物店に連れて行きキャッシュバックを得ているのだろう。

 745分頃、部屋に帰るときにまたエレベーターのドアが閉まらなかった。駄目なのでみなは歩いて戻った。

27)PISAへ

 84分にCimg0228予定通り出発した。この日は、右側の2列目の席になった。PISAに向かう途中、稲沢のような植木の栽培地が続いた。空は快晴であった。遠くに山並みが見えた。

 

 バスの中で今村さんが、「ピサの斜塔に上りたい人はどのくらいいますか?」と予備調査をした。私は、15Eも要るので、「上る価値がありますか?」と尋ねたら、「人によってそれぞれでしょう。」と返ってきた。その時点では上るかどうか決めかねていた。

Cimg0229 イタリアは各都市にチェックポイントがあり通行料をとられる。ピサには駐車場が無いので離れたところに60E払ってバスが駐車し、客はバスをおりてシャトルバスで斜塔まで運んでもらうのだ。2両連結のバスに乗った。急な坂を上がるときバスはあえいでいた。バスを降りて歩いて行くと、斜塔までの途中にはいろいろな露店が並んでいた。他にアフリカから来た黒い人たちが民芸品やカバンを広げて売っていた。

28)PISAの斜塔と周辺の建物

Cimg0237 ピサの斜塔は、城壁に囲まれた中にある。門を入ると前方に斜塔と丸い屋根の洗礼塔が目に入った。快晴の空を背景に、斜塔は右に傾いている。いろいろな角度から写真を撮った。

今村さんが、「ピサの斜塔に上れるのは20名しか空いて無いと聞いたので急いでください。」と言って速足で歩いてチケット売り場に向かった。行ってみると30名余り大丈夫だという。「今日は早く来たからラッキーだった。みんな上れますよ。」と今村さんが言った。

私は上らないつもりだったが、天気がよいし、2度と来られないから上ることにした。15E(約2400円)だった。斜塔に上るのは1回に上れる人数と時刻が決まっていて、我々は1020分からだった。

Cimg0241 英語ガイドのミルザさんがやってきた。その後について回った。斜塔は高さ約55m、1173年に着工したが、3階を工事するときに地盤沈下が起きて工事を中断。そのあと塔の中心軸をずらしながら工事を続けた。北側と南側では70cmほどの差がある。傾きが酷くなったので上ることが禁止されていたが、修理をして上れるようになった。世界遺産に指定されている。

他に、白いドゥオモ(大聖堂)。逆U型の窓がロマネスク様式を表しているのだという。ロマネスク様式の代表建築である。白い洗礼塔は、名彫刻家のニコラ・ピサーノとジョバンニ・ピサーノ親子が設計し数百年かけて建築された。

ドゥオモを見たとき少し右に傾いているのではないか?と思った。ガイドに確かめると、「地盤沈下のために約54cm右に傾いています。」と言った。妻は、「私にはわからない。」と言っていた。

 カンポサントという直方体の建物は715世紀の貴族の墓所である。離れたところにあるレンガの建物は病院だそうだ。ミルザさんの英語を傍で聞いたが分からない部分があった。

  今村さんは上手に意訳していた。事前に知識を持っていたから聞き取れたのか、それとも英語の能力が高いからなのかと思った。今村さんに「ミルザさんの英語を前にも聞いたことがあるの?」と尋ねたら、「初めてです。」と言った。やはり英語の能力が高いのだと思った。

Cimg0245

« 憧れのイタリア旅行―⑪― | トップページ | 憧れのイタリア旅行―⑬― »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憧れのイタリア旅行―⑫―:

« 憧れのイタリア旅行―⑪― | トップページ | 憧れのイタリア旅行―⑬― »