« プッチーニ生誕150年記念映画「ラ・ボエーム」 | トップページ | 名古屋の桜の名所山崎川の桜はまだ  »

2009年3月29日 (日)

イージーリスニング・ミュージック

Originalalbum  このblogを始めた頃にいいスピーカーを買ったことを書いた。以来、CD音楽をかけるのが以前より楽しみになった。

 最近は、妻が起きる頃にはイージーリスニング・ミュージックをかけることが多い。起きる前に音楽が鳴っていると目覚めがいいいと妻が言ったからである。

 ポールモーリア、レーモン・ルフェーブル、フランク・プールセル、リチャード・グレーダーマン、アルフレッド・ハウゼ、マントバーニー、エドモント・ロス、101ストリングス、フランク・チャックスフィールドなどなど、 かつて一世を風靡したオーケストラの演奏である。

 そうした音楽をBGMとして聴いていてふと思ったのは、最近はこうしたメロディーのきれいな音楽が流行らなくなったということだ。

 ロックが隆盛になって以来だと思うのだが、音とリズムの激しい騒々しい音楽が好まれるようになり、昔映画やSP,LPで盛んであったロマンティックで美しいメロディーの音楽が演奏されなくなった。

 ただ月に1回「魅惑のポップス」という番組がNHKのBS2で放送される程度である。

 イージーリスニングは名の通りで、気楽にBGMとして聴くことができ、リラックスすることができる。

 Trace_de_gloire2

|

« プッチーニ生誕150年記念映画「ラ・ボエーム」 | トップページ | 名古屋の桜の名所山崎川の桜はまだ  »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イージーリスニング・ミュージック:

« プッチーニ生誕150年記念映画「ラ・ボエーム」 | トップページ | 名古屋の桜の名所山崎川の桜はまだ  »