« NHK番組プロフェショナルからー―中澤佑一に感動 | トップページ | 羽毛掛け布団は素晴らしい―ー探偵ナイトスクープの実験 »

2009年3月21日 (土)

若さ溢れるジャズ演奏

  3月18日、中川文化小劇場へMEION JAZZ ORCHESTRA コンサートを聴きに行った。

 名古屋音楽大学にジャズを勉強する科ができたのが5年ぐらい前かと思うが、その学生を中心に作られたバンドのようだ。総勢28名ぐらいのビッグバンドであった。

 タイトルは、”STRAIGHT AHEAD SOUNDS"で如何にも若者らしい。

 First Stage

  Lazy Bird, Dolphin Dance, A Nightingale Sang in Berkeley Square, The Lady is a Tramp. Samantha, Make me Smile, The Crescent City Stomp

Second Stage

 Granada Smoothie, The Very Thought Of You, Over The Raimbow, All Right,Okey,You Win,  Soft Light And Sweet Music,  In A Scentimental Mood, Little Pixie,  Dancing Men

 第2ステージには、ゲストとしてTenor  Saxの小濱安浩、Vocalの森久子、Pianoの水野修平、Guitarの野田住職が出演した。

 オープニングは多少緊張があったのか、おとなしく入ったが、演奏が進むにつれて乗ってきて、最後はハチャメチャとも言えるほど爆発していた。

 金管とピアノとベース中心のバンドだが、中にはいろいろなパーカッションを加えたのもあって楽しく聴けた。

 ジャズのINSTRUMENNT プレイヤーに女性が5人ほどいたのでびっくりした。女性は普通Vocalistとして参加するものと思っていたからだ。

 でも、彼女らのソロの演奏はとても素晴らしかった。

 400名ぐらいの小劇場にスピーカーを持ち込んで金管で演奏するので、大音響で圧倒された。

 若さが溢れる好演奏であった。

Cimg0098

|

« NHK番組プロフェショナルからー―中澤佑一に感動 | トップページ | 羽毛掛け布団は素晴らしい―ー探偵ナイトスクープの実験 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若さ溢れるジャズ演奏:

« NHK番組プロフェショナルからー―中澤佑一に感動 | トップページ | 羽毛掛け布団は素晴らしい―ー探偵ナイトスクープの実験 »