2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 金融・経済危機と中国農民工の悲劇 | トップページ | 子供の体力の低下 »

2009年1月21日 (水)

米国初の黒人大統領になったオバマ氏

[友達」blog アメリカ中の期待を集めて、首都ワシントンを埋め尽くした大観衆の前でオバマ氏が米国史上初の黒人大統領に就任した。

 CHANGEを唱えたオバマ大統領が自らその主役となった歴史的出来事である。21世紀最初のCHANGEである。

 彼の大統領就任演説は、力強いものであった。右、左と聴衆を見ながら一度も下を向くことなく語りかけた。日本にこのような演説ができる政治家がいたであろうか?

 リンカーンが使用した聖書を捧げ持ったミシェル夫人の祖先は奴隷であったという。朝日新聞によると、連邦議事堂もホワイトハウスも、黒人奴隷の労働力で建てられたものだそうだ。

 苦難の日々を送った先祖の奴隷たちのいったい誰が、この晴れやかな日が来ることを想像できたであろうか。

 彼は、演説の中で、今日のアメリカがあるのは、それを築き受け継いできたアメリカ国民のおかげだと述べている。その中に奴隷の苦しみと屈辱ももちろん含めていたと思う。

 ブッシュ前大統領は、キリスト教原理主義を前面に立て、テロ対策と称してイラクを崩壊させた。世界の警察として力で世界を支配しようとして失敗した。

 オバマ大統領は、力ではなく協調を主張している。

 宗教についても、「キリスト、イスラム、ユダヤ、ヒンドゥなどさまざまな宗教、言語、文化を持つ米国の伝統は、弱さではなく、強さの証だ。米国は多様性の中で共通する人道主義を重んじ、新たな平和の時代を作り上げなければならない。」(朝日)と述べ、対立抗争や戦争よりも平和に希望を抱かせた。

 金融危機から脱し、経済を立て直すことにも大きな期待がかかるが、ダウは330$以上も下げて新大統領に冷や水を浴びせた。

 新自由主義経済政策によるアメリカ中心のグローバリズムが破綻した今、どのような舵取りをするのであろうか。

 世界中から注目され、大きな期待を集めてのオバマ大統領だが、就任した日がピークで後は支持率が下がる一方のどこかの首相の二の舞にならないtことを祈っている。

« 金融・経済危機と中国農民工の悲劇 | トップページ | 子供の体力の低下 »

国際」カテゴリの記事

コメント

有難うございます。私は、オバマ大統領の隣にミシェル夫人とその母親ががいることに期待を掛けています。彼女は、政治には関わらないといっていますが、シカゴの貧民街で生まれ、祖先は奴隷でした。

 奴隷の血のDNAの中に、下層の人々や虐げられた人々に対する想像力が失われずに残っていると信じたいのです。(ライス元国務長官は期待はずれのセレブでしたが。)

 夫の陰でイラク、アフガニスタン、中東、アフリカなどの問題に寄与してくれることを願っています。
 

 アメリカ国民のみならず、世界中の国民から熱烈な期待を寄せられてオバマ新アメリカ大統領が就任しました。
 侍憎けりゃ馬まで憎い 私はアメリカの為政者嫌いのために、何となくアメリカ国民まで嫌いでした。しかし、ベトナム戦争、イラク戦争、戦争に明け暮れるアメリカを支えているのは犠牲者であるアメリカ国民であります。
 今回その人々が変化を求めて、初の黒人大統領を選び出したことは、歴史上にもまれな、100年に一度の偉大なできごとであったと思います。
 変化をさせるには、まず第一にしなければならないのはイラクからの撤兵と同時に、アフガニスタンからのて撤兵です。けれどもアフガニスタンからの撤兵は困難です。ここがオバマ政権の限界でしょう。
 次に経済政策で、アメリカを救うのは外国からの軍隊の撤退と軍需産業から民間産業へ切り替えることです。これも多分不可能でしょう。これらを変化させることができれば、アメリカは文字通り世界から歓迎される者となれるでしょうね。
 日本でも経済を支えているのは、大企業家と軍備です。日本政府はこれを国民本位に切り替えることができません。日本でさえできないのですから、まして、アメリカで国民本位の政治に切り替えることは困難だと私は思っています。
 オバマ政権が、やっぱり黒人ではだめだと言って、ひっくり返されないことを、
 やっぱり、戦争を続けるのかと 失望されないことを、
 テロに暗殺されないことを、

 願っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国初の黒人大統領になったオバマ氏:

« 金融・経済危機と中国農民工の悲劇 | トップページ | 子供の体力の低下 »